top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

潮紗理菜(⽇向坂46)、矢島舞美、太田夢莉らが常夏の太陽に負けない眩しい笑顔を届ける 『フラガール -dance for smile-』ゲネプロレポート

SPICE



2006年に公開され、第80回キネマ旬報ベストテン1位、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画『フラガール』。昭和40年代を舞台に、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードを描いた傑作だ。エネルギーが石炭から石油に代わって行く中、炭鉱で生きる人々の生活と、フラガールとして成長していく少女たちの物語は多くの人に感動と笑顔を与えた。また、2008年に舞台化されて以来繰り返し上演されてきた本作。2019年からは『フラガール -dance for smile-』というタイトルで、総合演出・河毛俊作、構成演出・岡村俊一のタッグによって上演されてきた。再々演となる今回は、舞台単独初主演となる潮紗理菜をはじめとする新キャストを迎えて更なるパワーアップを遂げている。ゲネプロの前に、潮紗理菜(日向坂46)、矢島舞美、太田夢莉、兒玉遥、有森也実、河毛俊作による会見が行われた。

――まずは本作への意気込みを教えてください。

河毛:色々と大変な中で、3回目の上演です。『フラガール』は産業構造や時代の変化を描いており、今の時代にもリンクする物語。私たちを取り巻く様々な問題にどう立ち向かっていけばいいのかということも考えながら作りました。キャストの皆さんには、演じるというより役を生きてほしいと伝えました。素晴らしい作品になっていると思います。

河毛俊作


潮:紀美子ちゃんはすごく芯があって、仲間のために強くなれる。かっこいい女性だと感じています。私にとって憧れの存在でもあるので、少しでも近づけたらいいなという思いで、心を込めて演じます。

広告の後にも続きます

潮紗理菜


矢島:平山まどかはかつてSKDのトップダンサーで東京の大きなステージに立っていたけど、親の抱える借金に追われて借金取りから逃げる生活をしている。その中でフラガールたちと出会い、人としても成長していきます。今回3回目の出演ですが、フラガールたちが卒業しては新しい子が入ってくるので、毎回すごく新鮮な気持ちで演じることができています。稽古場で潮ちゃんが成長していく姿にも心を打たれて、まどかが紀美子たちに心を揺さぶられるのもこういう感じなんだろうと思いました。みんなそれぞれに格好いい生き様を見せているので、ぜひ楽しんでほしいです。

矢島舞美


太田:私が演じる早苗は、炭鉱から抜け出してダンサーになりたいという夢を持っていて、まどか先生にあってさらに憧れを強めていく。家庭の問題とも戦いながら頑張る女の子です。自分の一言で紀美子や色々な人の心を動かすので、重大さを噛み締めながら演じたいと思っています。

太田夢莉


児玉:舞台版オリジナルキャラクター・炭鉱娘の和美を演じます。唯一恋愛要素のあるキャラクターなので、炭鉱が衰退する中、守るべき存在がいる人の愛の物語・強さをしっかり表現したいと思います。あとは、炭鉱娘の中ではお姉さんなので、自立した女性を演じたいです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル