top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本人志、31年ぶり漫才のきっかけになったベテラン漫才コンビの実名を明かす

TVerプラス


歌手のジェジュンが、5月13日に放送された『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系、毎週金曜21:58〜)に出演。結婚への焦りと寂しさを吐露した。

酒を飲みながらのトーク番組とあって、ジェジュンはハイボールを4杯目。MCの松本人志(ダウンタウン)から「めちゃめちゃ若いねんな、まだ」と振られると、「今年何歳だっけ?」といきなり大ボケ。「飲みすぎちゃって。お酒は強いほうなんですけど、炭酸があまり飲めなくて。なので、わざわざ炭酸でお願いしてみました。この酔いじゃないと、今日なかなかうまく話せないんじゃないかと」と独特な理由を語ると、松本は「でも今、ぜんぜんうまく話せてない」と笑わせた。

ジェジュンは周囲で結婚が増えたことに寂しさを募らせており、「友達がどんどん減っていく。子供までできたら、もう誘えない」と理由を語った。結婚については、「子供のことを考えちゃうと、絶対しなきゃいけないと思う。子供大好きなんですよ」と話すと、松本は「子供大好きな人ほどけっこう遅れたりする」。ジェジュンは首を垂れて、「欲しいな」と寂しそうに漏らした。

「今までに影響を受けたもの」の話題になると、ノブ(千鳥)が4月3日になんばグランド花月でダウンタウンが31年ぶりに漫才を披露したことを挙げた。高橋茂雄(サバンナ)が「ダウンタウンで漫才しよっていつ決まったんですか?」と核心に迫ると、松本は「おぼん・こぼんさんのことはあるかもしれん」と、スタジオメンバーを驚かせた。おぼんこぼんは、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で不仲説が何度も取り上げられ、最終的には仲直りして漫才をした。大悟(千鳥)は「テレビの向こうで僕らぐらいおぼんこぼんさん、えー! って(驚いてる)」と笑わせると、漫才のネタを考えた松本は「絶対に時事ネタはやらない」と決め事があったことも明かした。

次回は5月20日に放送。千鳥、SAM(TRF)、中川翔子、山之内すず、長田庄平(チョコレートプラネット)が出演する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル