top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ダウンタウン大喧嘩ドッキリ! 若手時代の今田耕司が号泣「悲しくなって…」

TVerプラス


今田耕司が、5月5日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00~)に出演。若手時代、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)らに仕掛けられたドッキリで号泣した過去を明かした。

今回は、ダウンタウン結成40周年スペシャルの第2弾として、ダウンタウンファミリーが集結。今田、木村祐一​​、東野幸治、130R(板尾創路、ほんこん)がゲストとして登場した。

先日、NGK(なんばグランド花月)で行われた吉本興業創業110周年特別公演『伝説の一日』にて、31年ぶりに漫才を披露したダウンタウン。後日談がいろいろと語られる中、東野から浜田に稽古をしなかったのか、との質問が投げかけられた。

浜田は、出番前、松本が隣で「いやもうこれ大変やで……」とブツブツと言うものの、まったく声が聞こえず「え、なに?」と聞き直したと回顧。東野が松本と共演している『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも聞いていなかったエピソードだと語ると、浜田は「ご本人のなかでは(ネタの構想が)あるんでしょうけど、伝え方が……」と、改めて声が小さく聞こえなかったと明かした。

1991年から1997年まで放送された伝説のコント番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)に出演していた一同。当時の企画を振り返る中で、ダウンタウンが大喧嘩するドッキリを仕掛けられたという。

怒鳴りあいが聞こえる中、特に若手のころから2人に世話になっている今田は、何かあったら止めに入る、と思っていたと語る。ネタばらし後、周囲は笑っていたものの、今田は号泣。当時について「(苦労してきたのを知っている分)悲しくなってきて、安堵して(涙が)ブアーッと出てきた。そしたらタネ明かししたときよりも、みんな笑いだして……。なんていう人間やと!」と苦言を呈して笑いを誘っていた。

次回は5月19日に放送。岡野陽一やザ・マミィの酒井貴士ら仲良し芸能人が登場する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル