top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

AKB48倉野尾成美「8回キスしていく」チーム8の8周年舞台に意気込み

WEBザテレビジョン

AKB48倉野尾成美「8回キスしていく」チーム8の8周年舞台に意気込み

AKB48チーム8の結成8周年を記念した単独舞台「AKB48 Team8『KISS 8(キス バイ エイト』-8th Anniversary Special Performance-」が、5月13日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕した。

同舞台は、2018年に上演されたチーム8出演の舞台「KISS KISS KISS」を進化させた作品。2016年より上演が行われてきたチーム8単独舞台の第5弾となる。古典的名作・ファンタジー・コント・ラブストーリー・青春ドラマなど、古今東西ジャンルを超え、「KISS」をモチーフにしたさまざまなストーリーを演じるオムニバス舞台の他、チーム8のレパートリーを中心にAKB48グループの楽曲パフォーマンスが展開される。

この日は、メインキャストで坂口渚沙、高橋彩音、吉川七瀬、小田えりな、服部有菜、高橋彩香、永野芹佳、濱咲友菜、徳永羚海、行天優莉奈、山田杏華、藤園麗、橋本陽菜、入れ替えメンバーで岡部麟、小栗有以、左伴彩佳、歌田初夏、大西桃香、ゲストで倉野尾成美が出演。ほか、お手伝いメンバーとして登場した吉田華恋、佐藤綺星(AKB48第17期生)が「ハートの独占権」を披露、本編とライブの間には17期生の平田侑希と橋本恵理子も登場し「ハート型ウイルス」をパフォーマンスした。

初日公演の前にゲネプロが行われ、囲み会見に坂口、小田、高橋、濱、小栗、倉野尾、脚本・演出の横内謙介氏が登壇した。

■坂口渚沙「一番印象に残る周年にしたい」

チーム8が8周年を迎えたことに、坂口は「チーム8の8周年なので、やっぱり一番印象に残る周年にしたいなって一番に思いますし、8年やってきたんだなっていう実感もすごいので、これからも頑張りたいと思います」、高橋は「本当に8年もいると思ってなかったんですけど、個性しかないチームだなと思ってますので、この舞台も個性が溢れていてすごく面白いので、また来年も再来年もみんなで何かできたらいいなと思って、これからも一生懸命頑張りたいなと思います」と心境を明かす。

小田は「本当に皆さんの応援があって、たくさんの方が支えてくださって、チーム8は8年も活動できたと思います。まず9年目の1歩目となるこの舞台が最高傑作になるように頑張りたいなと思いますし、絶対に来てくれた方々に楽しんでもらえるように、みんなで力を合わせて頑張りたいです」と感謝。

濱は「まさか自分が8年もいるとは思いませんでしたし、しかも4年前にやったこの役をまた9年目にやるとは思わなかったので驚いています。記念すべきチーム8の8周年にこうやって舞台をやらせていただいて、しかも私は愛媛(『ジョン マイ ラブ -ジョン万次郎と鉄の7年-』)でお世話になった横内さんの作品でやらせてもらえるのが、これを8周年記念の舞台で迎えられることがすごくうれしいので、これからものびのびと楽しくみんなでやっていけたら」と喜びを爆発させた。

■小栗有以「チーム8の団結力は忘れずに持ち続けたい」

また、小栗は「こうして8周年を迎えることができて、すごくうれしいなって改めて思いますし、初期の頃からメンバーは結構変わってしまっているんですけど、でもこの今、新しいチーム8のメンバーで今回の舞台も作らせていただいて、この舞台をきっかけに、またさらにチーム8としてもいろんな活動をしていきたいなって思います。チーム8で集まった時の団結力っていうのは、これからもずっと忘れずにみんなで持ち続けていたいなって思います。これからもチーム8の応援をよろしくお願いします」と、今後の活動に意気込み。

倉野尾は「チーム8の8周年という“8”にちなんでいるということで、私は今回キスシーンがたくさんありまして、8回くらいあるので、いっぱいキスしていきたいなと思います。8回ないですかね? 盛りすぎました(笑)。でも、ライブパートで投げキッスを追加して全部で8回くらいに。出てきたら基本キスしてるくらいの感じで、キスしていきます」と、今回の舞台のテーマとなるキスとチーム8の8周年をかけて締めくくった。

※高橋彩音、高橋彩香の高は正しくは「はしご高」。
※濱咲友菜の濱は旧字体が正式表記。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル