top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

休日に昼からパーッと飲むならココへ!都内きってのお洒落な名店5選

東京カレンダー

休日に昼からパーッと飲むならココへ!都内きってのお洒落な名店5選

平日にしっかり働いてるぶん、休日は思いっきり息抜きをしたいもの。

仕事のことは忘れて、昼からパーッと飲んでリフレッシュ!

今回は、おしゃれなレストランが集う港区エリアで、昼から飲める店をピックアップ。

洗練された大人しかいない空間で気ままに寛げる、名店揃いだ!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


1.港区の高層階から望む、リッチなヌケ感に高揚する!


バルコン・トーキョー/三井ガーデンホテル六本木プレミア@六本木

14階にあり、港区を一望できるホテルレストラン。テラスバルコニーからは、眼前に東京タワー、頭上を見上げれば吹き抜け部分のアートと空が溶け合い、唯一無二の空間が広がる。

看板メニューは「特製ローストビーフ シングル120g」。したたる肉汁と凝縮した旨味は、20日間氷温熟成によって引き出されたもの。さらっとした軽やかな口当たりのグレービーソースとともに味わえば、口福の境地へと達する!

ディナーで利用して夜景を楽しむのは鉄板だが、ランチ時から美酒を片手に開放感に浸り、西陽に染まる六本木一丁目のビル群の美しい夕景を望む贅沢を楽しむ、というのも一興だ。


2.ハイセンスな空間で、心地良く美酒に酔いしれる!


マーサーブランチテラスハウストウキョウ@表参道

表参道のデザイナーズビルの4階にあるこちらのお店。ニューヨークのペントハウスをイメージした、シンプルモダンなソファとハイセンスな家具で統一された空間は、何気ない日常を格上げしてくれる。

洒落たニューヨークスタイルのイタリアンを楽しむことができ、どの料理もお酒との相性抜群だからどんどん飲み進めてしまう!

おこもり感のある洒落たテラスも備え、セントグレース大聖堂や新宿副都心の絶景がお目見え。洗練された大人なムードの中、静かに語らいたいなら絶対にココがいい!


3.自家製パン×ビールの相性が良すぎてクセになる!


ブリコラージュ ブレッド&カンパニー ダイニング・カフェ/六本木ヒルズ@六本木

海外の街角にあるようなベーカリーカフェ。サクッとカジュアル使いができるオープンテラスが大人気だ。

オープンサンドを作る際に残るパンのみみを再生する目的から生まれたオリジナルビールは、自家製パンにしっくりマッチ。ランチ時からくいっと1杯飲みたくなる、絶妙な相性である。

看板メニューは、ブリコラージュブレッドに、沖縄牛コンビーフと千葉大松農場の卵で作る目玉焼きなどをのせた「エッグベネディクト」。ロースト香のあるビールと最高にマッチし、とにかくクセになる!


4.緑が生い茂る公園を望みながら、テラスで一杯が最高!


ユニオン スクエア トウキョウ@六本木

ニューヨークの人気レストランのDNAを感じさせるリュクスな雰囲気が、界隈のセレブに人気のこちらの店。

目の前は、「東京ミッドタウン」に接する萩藩・毛利家の麻布下屋敷庭園跡という「檜町公園」。檜町公園は、約1万6,000㎡もの広さを誇り100種類以上の植物を有する都会のオアシス。緑の借景が、心をオープンにしてくれるのだ。

舌の肥えた港区民を満足させる上質かつヘルシーなランチを楽しみながら、やっぱり昼から冷えたビールをオーダーするのが最高!港区民ご用達といえる、とっておきの一軒だ。


4.港区民の「サクッと一杯」には定番の立ち飲み酒場


十番右京ナチュールスタンド@麻布十番

麻布十番の路地に佇む、テラスを備えた立ち飲み酒場。白い提灯が目印のテラスはカウンターとテーブルがあり、いずれもスタンディング。もはや説明不要なほど、港区民ご用達のテラスとなっている。

自然と人が集まる理由は、待ち合わせやサク飲みでの使い勝手の良さ。常時14:00からオープンしているので“いつ行っても開いている感”が、港区民の信頼を得ているのだ。

料理はペヤングのアレンジメニューや右京らしいトリュフがけなど、アイデア満載のメニューばかり。サクッとビールが飲みたい日に、つい足が向いてしまう一軒だ。


TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル