top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オーストラリアのアルコール事情【オーストラリア】

ワウネタ海外生活


日本では酒屋だけではなく、スーパーやコンビニ、自動販売機でもアルコールを購入することができますが、オーストラリアでは、日本とは少し状況が異なります。

オーストラリアではアルコールライセンスを取得していないと販売ができないため、スーパーではお酒を販売していないことが多いです。

海外ブランドのアルディなど、ライセンスを持った一部のスーパーではアルコール販売を見かけることもありますが、地元スーパーでは、お会計も別だったり、アルコール専用のスペースだったり、スーパーから離れた場所に、系列のリカーショップがあったりします。

また、公共の場所でアルコールを飲酒することは法律で禁止されています。そのため、アルコールを購入後、公共の場での花見などは見つかれば罰金になるので、こちらではビールを飲みながら花見っというのは難しそうですね。

ただ、スポーツ観戦やミュージックイベントなどの場所では、アルコール飲料を販売されているので、そういった場所ではその場で購入できるアルコールは飲酒することができます。

持参したアルコールは入場前に荷物検査されることもあります。見つかると没収となることもあるので、そういった場所に行く場合は自身のアルコールを持って行かないほうが無難です。

さらに、ノーザンテリトリー以外の州では、車に乗車中、運転手だけではなく乗車しているすべての人の飲酒も法律で禁止されています。

日本とは異なるルールがあるため、オーストラリアでの飲酒には注意しましょう。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル