top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松坂桃李 食事はバナナ1〜2本のときも…身体に刻んだ孤独と絶望

女性自身

松坂桃李 食事はバナナ1〜2本のときも…身体に刻んだ孤独と絶望

「出演作品をここまで客観的に見られないことはなかったと思います。これまでの作品のなかで、いちばんハードルが高く、役に対して時間を費やした作品でした」

 

完成作を見ての感想を聞くと、こう答えた松坂桃李(33)。

 

最新作『流浪の月』(5月13日公開)は’20年に本屋大賞を受賞したベストセラーの映画化で、女児誘拐事件の“被害者”と“加害者”のその後を描く。10歳の少女を保護したことで誘拐犯の烙印を押されてしまう青年・佐伯文(さえきふみ)を松坂が演じた。

広告の後にも続きます

 

いつも何か堪えているような文を、松坂はこう表現する。

 

「抽象的になってしまいますが、僕のイメージで文は、ものすごく広い湖の真ん中にぽつんと体育座りでいるような感じなんです。湖の下はものすごく深くて、のぞけばのぞくほどどんどん暗い闇に入っていくような。探っても探りきれない、心の深さが彼の中にはある」

 

繊細そうな文の細い体形は、撮影前から食事制限などで作り上げた。最終調整時にはバナナ1〜2本で過ごすこともあったという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル