top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

湯包(タンバオ)、鴨血スープ、焼売の3点セットで気分は南京!池袋「王氏湯包」

80C[ハオチー]

湯包(タンバオ)、鴨血スープ、焼売の3点セットで気分は南京!池袋「王氏湯包」

江蘇省の省都・南京名物といえば湯包(汤包:タンバオ)。それを日本で食べることができる貴重な店『王氏湯包』が、2022年4月27日、池袋駅西口エリアに移転オープンを果たしました。

生地の中に肉餡とスープがたっぷり入った南京の湯包は、小籠包と似ているものの、味も見た目も異なるもの。詳しくは初出記事(2020年3月)でおさらいしていただくとして、この店では、南京の人気店『徐建萍湯包』で修行した麺点師・王建東さんが包む、本場の湯包が味わえるのです。

現在は、東長崎にあった頃からのファンや、情報を聞きつけた南京出身者など、首を長くして再スタートを待ちわびた人たちが駆けつけ、賑わいを見せています。もちろん、王さんが湯包をひたすら包み続ける手も止まりません!

湯包をつくる、麺点師の王建東さん。

特色は甘~いスープ。懐かしいか、驚きの味かは貴方次第!

そんな南京湯包といえば、甘〜いスープが特徴です。ちょうど近くの席で、南京人(中国東方)と山東人(中国北方)と思しき2人の会話が繰り広げられていたのですが、

「うわぁ懐かしい!久しぶりだなぁ!」
「うわぁこういう味は初めてだなぁ。山東ではこういうの食べたことがなかったなぁ」

広告の後にも続きます

と南京人の歓喜の声に対し、驚きを隠せぬ山東人の呟きが耳に飛び込んできました。

反応の対比から、地方による食文化の違いを感じ取れるのは興味深いものですね。恐らく、台湾や上海の小籠包の味に慣れた日本人にも、湯包は新鮮に感じられる方が多いかもしれません。

メニューには単品からセットまでいろいろありますが、南京名物が満喫できるのは「3点セット(三点套餐)」。王氏湯包(1蒸籠に6個)、鴨血粉絲湯(1杯)、糯米焼売(1個)の組み合わせで、『王氏湯包』の代表的な味わいを一気に楽しめます。さっそく内容をご紹介していきましょう。

注文は入口そばにある券売機で。中国語・日本語の言語選択可能なタッチパネル式です。3点セットは2,000円。

軽軽移、慢慢提、先開窓、後喝湯!作法通りに食べれば美味極まる!

まず、店名にもなっている湯包(汤包:タンバオ)は、蒸籠で蒸したてが運ばれてきます。目の前で蓋を開けてくれるので、熱々のスープで火傷せぬよう気をつけつつ、ホカホカのうちにいただくのが美味のポイント!

初出記事でもご紹介しましたが、湯包の食べ方は「軽軽移、慢慢提、先開窓、後喝湯(轻轻移,慢慢提,先开窗,后喝汤)」。蒸籠からそ~っとレンゲに移し、ゆ~っくり持ち上げ、レンゲの上でまず皮に少〜し穴を開けてから、スープを飲みます

湯包は6個入り。

ちょこんと箸先で穴を開けるだけでジュワッとスープが溢れ出すので、こぼさぬよう気をつけて。好みで卓上の黒酢を少しつけるのもオススメですよ。提供時に、蒸籠と一緒に黒酢用の小皿も添えられます。

箸の先で穴をあけると、ジュワッとスープが溢れ出ます。

湯包伴侶!鴨血粉絲湯はアヒルの都・南京の定番スープ

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル