top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

便秘解消で血液をキレイに!「快便ヨガ」について解説

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、松尾ひろ子氏の書籍『丹田力(自律神経力)を高めて真我と結ぶヨガ 改訂版』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】体の歪みは首の歪みを作る…必見の「首のこり整体」に挑戦!

関連部位による整体法

F 直立筋を鍛える体操

①うつ伏せ、ひじから下を床につけ、両腕は平行、足は指立ちひじと両手、足の指先で身体を支えて、息を吐きながら、ゆっくり身体を前に移動し、息を吸って真ん中に戻り、息を吐きながら、後ろへ移動する。これを前後3回、2セット行なう。

効果

広告の後にも続きます

でん筋(お尻)、腹筋、大腿四頭筋(太もも)は直立するときに大事な直立筋です。年齢と共にこれらの筋肉が衰えると、じっと立てず、ウロウロしてしまう。直立筋を強化することで、丹田力のある姿勢を保つことが出来ます。(サルは直立筋がないのでウロウロする)

 

G 鼻づまり解消ヨガ

①まず鼻の通りが左右均等か? をチェック。

 

②うつ伏せになり、足巾をできるだけ大きく開く。両手は頭の後ろに組んでひじを開く。

③息を吸って上体をそり、ゆっくり右にねじって、左肩とひじを床につけに行く。3呼吸、下腹部を絞って行なう。足のかかとを突き出してアキレス腱を伸ばし、ひざもピンと伸ばす。

④次に逆に戻ってそって、息を吐きながら、上体を床に下ろす。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル