top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロに教わる“実家の片づけ”のコツ「はじめは玄関」「思い出の品は後回し」

女性自身

プロに教わる“実家の片づけ”のコツ「はじめは玄関」「思い出の品は後回し」

いつかはやらなくちゃと思いつつ、毎回失敗を繰り返したり、先送りにしている人が多い「実家の片づけ」。うまくいかない原因は、“考え方”と“進め方”の両方にあるのだというーー。

 

「『久しぶりに実家に帰ってみたら、物が増えすぎていて、その散らかり具合に驚きました』という相談が最近とても多いです」

 

そう語るのは、フリーアナウンサーで整理収納アドバイザーの阿部静子さん。これまで6,000人以上に片づけの指南をしてきた阿部さんのもとには、コロナ禍以降、“実家の片づけ”に関する悩みが寄せられることが多くなったという。

広告の後にも続きます

 

「在宅時間が増えたことで、家の片づけを見直した人はたくさんいます。自宅が片づくと、次に実家に気持ちが向く人が多いようです」(阿部さん・以下同)

 

読者世代にとって、“実家の片づけ”は、いつかは向き合わなくてはならない問題。大型連休での帰省をきっかけに、少しでも早く着手しなくちゃ! と感じた人もいるだろう。しかし、焦りは禁物だ。

 

「いざ子どもが親のためにと片づけようとしても、なかなか進まなかったり、結局対立を生むだけだったりと、失敗するケースは少なくありません。物を捨てるかどうかの判断に時間がかかる親にイライラしたり、娘が父の趣味の本を処分しようとして、『勝手に片づけるな!』と、怒られたという話も聞きます」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル