top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「弱毒化はウソ!」ドランク鈴木拓が暴露した「地獄のコロナ後遺症」「家族全員感染」

アサ芸プラス

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓が、5月5日深夜放送の「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。新型コロナウイルスの後遺症について語った。

 鈴木は4月16日にコロナ感染を発表。この日は久しぶりのスタジオ復帰となった。2週間以上休み、いまはPCR検査も陰性だが、鈴木は「ばりばり後遺症が残ってます。味覚障害もだし、呼吸もしんどいし…」と告白。

 鈴木自身は38度ぐらいの熱が2、3時間出ただけだったが、「そのあとの後遺症がまあ、長いこと」と言い、一方、鈴木の妻と10歳と17歳の子供2人は41、42度熱が出たそうで、家族全員がコロナ感染した状態だったという。

「本来ならホテルとか、俺だけ別のところに行かなきゃいけないんでしょうけど、家族がそこら中でゴロゴロぶっ倒れている状態」だったため、自宅で鈴木が3人のケアをして、一緒に生活していたそうだ。

 また、味覚障害について、鈴木は「しょっぱいものが地獄のようにしょっぱく感じる。うちの奥さんはなんでも酸っぱく感じる」と人によって違うことを紹介。「家族全員倒れたんで、保健所の人が荷物を持ってきてくれると言ったけど、誰も外に出られない。そしたら防護服で来られてましたよ。『置いときますんで』って言って」と振り返っていた。

広告の後にも続きます

「鈴木は、自分と奥さんは後遺症があるが、子供はないため『たぶん年令だと思う』と推測。最後に『ナメたらやばいですね。弱毒化なんて全然してないわ』とも話していました。これまでコロナに感染した多くの芸能人が病状や後遺症について語ってきましたが、その中でも今回の鈴木の話は最も生々しく壮絶な内容でしたね」(エンタメ誌ライター)

 コロナの怖さを再認識させられる。

(鈴木十朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル