top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『報ステ』大越キャスターの“追悼コメント”が物議「上島さんに失礼」

まいじつ

上島竜兵さん (C)まいじつ

5月11日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、同日に逝去が報じられた『ダチョウ倶楽部』上島竜兵さんに関するニュースを特集。司会の大越健介キャスターも追悼の言葉を口にしたのだが、解釈違いで物議を醸しているようだ。

【関連】“竜兵会は金づる”土田晃之の発言が物議…「外野は黙れ」「叩きたいだけ」の声も ほか

番組では上島さんが逝去したことを取り上げると同時に、彼が今までバラエティーなどで見せてきたリアクション芸のVTRを放送。笑顔で芸を披露する「ダチョウ俱楽部」の映像と共に、上島さんの半生を振り返っていく。そして親交の深いビートたけしの、「どんなことがあっても笑って死んでいかなきゃいけないのに。非常に悔しくて悲しい」というメッセージも紹介された。

VTR終了後、大越キャスターは、たけしのメッセージに「痛恨の言葉を受けた」と切り出す。続けて上島さんのVTRについて「分かっていても、笑っちゃいますよね。訃報なんですけど、笑ってしまいます」と話し、たけしの言葉に感銘を受けたのか「まぁそうやって、笑うことが上島さんへの一番の供養なのかもしれません」と追悼していた。

捉え方によっては最悪の追悼?

追悼にもかかわらず、〝笑う〟などという言葉を使った大越キャスター。彼のメッセージに違和感を覚えた人も多かったようで、

広告の後にも続きます

《訃報だけど笑ってしまうって言ってて、流石に言葉足らず過ぎる不適切な発言》
《ちょっと言葉足らずでは? 笑いながら言うことじゃないし》
《上島竜兵さんへの御悔やみの言葉に違和感と不快感》
《全然笑われへんぞ。不謹慎極まりないと思う。上島さんに失礼や》
《大越アナ、上島さんへのコメントが何かズレてなかったか?》

などの批判が起こっている。また一方では、たけしの「笑って死んでいかなきゃいけない」という言葉を汲み取り、大越キャスターは笑っていたのでは、と考察する人も。

《報道ステーションの上島竜兵さんの特集泣けた。ダチョウ倶楽部はわかってても何回も笑える》
《個人的にとても優しいなと感じた。「笑うのが何よりの供養」は、本当にそうなのかも》
《大越さんの笑うという発想はなかったので驚きました。でもストンと落ちた》
《大越アナはそんなに悪い意味では言ってないよ。私も上島竜兵さんの過去のコント映像みて、悲しくなったけど思わず笑ってしまったもん》
《少し微笑みながら「ご冥福をお祈りします」と伝えたのは、日本を代表する芸人さんに対する最大限のリスペクトを込めた弔いの言葉なんだろうな…》

など、擁護する声も見受けられた。

もちろん大越キャスターに悪気はないはずだが、視聴者に誤解を招く言葉を選んでしまったのはいかがなものだろうか。いくら上島さんと同じ歳とはいえ、多くの人の目に触れるテレビでは、訃報を伝える時に〝笑い〟は禁物なのかもしれない。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル