top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「未来への10カウント」“桃介”村上虹郎が登場「雰囲気がガラッと変わる」 山本千尋のボクシングシーンにも反響

エンタメOVO

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第5話が、12日に放送された。

【写真】山本千尋(C)テレビ朝日

 本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学園スポーツドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 かつては強豪校だったものの、今ではすっかり弱体化した松葉台高校ボクシング部。背水の陣で挑んだインターハイ予選だったが、ただ一人2回戦に駒を進めた水野あかり(山田杏奈)も、格上の京明高校に敗れてしまう。

 松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は、京明に負けたことを理由に桐沢にコーチ解任を宣告する。

広告の後にも続きます

 これまで何度も辛酸をなめてきた桐沢は「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチと非常勤講師を辞めてしまう。

 ボクシング部顧問の折原葵(満島ひかり)は何とか引き留めようとし、部員たちも一方的な解任に憤慨するが、事態は変わらなかった。

 そんな中、葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーで桐沢の親友でもある甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチを依頼する。

 ところがその矢先、大阪からすご腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、ボクシング部に入部する。

 「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と豪語する西条と、「うちのエースになる」と興奮する甲斐を見た部員たちは反発する。

 放送終了後、SNS上には、「水野の相手役を務めた山本千尋さん、やっぱりアクションがすごい!」「回を追うごとに生瀬勝久の持ち味が発揮されてきて面白かったし、渾身(こんしん)の一人芝居を披露する安田顕が最高だった!」「桐沢と(息子の)圭太の絡みにほっこりする」などの感想が寄せられた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル