top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

明確な指標を失った現代…「中心的文明迎合主義」の先を目指す

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、秋山武清氏の書籍『雑草のイマジネーション』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】「経験が道標になる」限られた知見を増やすために参加したもの

国際交流とその周辺

最近、地元の鹿島臨海ロータリークラブ(KRRC)で「国際交流」について話す機会があった。私はロータリアンではないが、現在会長を務めている神栖市国際交流協会(KIFA)にKRRCから理事を出していただいている関係での依頼だと思われる。

KIFAは平成二四年に創立二〇周年を迎えたが、KRRCは平成二五年に創立四〇周年を迎えるというからKIFAのちょうど二倍の歴史を有する由緒ある団体である。ロータリークラブは世界的な組織で、奉仕活動をはじめとする多彩な活動を実践している組織なので、私は国際交流、国際化、多文化共生などの関連用語を整理して、その異同を明らかにするような話をした。

国際交流は文字通り国際間で人・物・企業活動などを相互交流することである。国際化は、いろいろな国の人々が一緒に生活している状態で、イギリスは日本と同じ島国だが、歴史的に自然な形でこの状態になった(山田一郎『育英通信』一一六号、一九八六)という。

広告の後にも続きます

また堺屋太一氏は国際交流と国際化を峻別して、国際化の本質を多様な価値観の存在を許容し、これと共存共生する社会になることと規定し、国際交流をいくら拡大しても必ずしも国際化にはならない(『三脱三創』祥伝社、一九八六)としている。

さらに国際化の用語法には、ギリシャやローマ、中国、欧米など、その時々の中心的な文明に、周辺の国々が自らを合わせて行く過程であり、現代においては世界システムが動揺しているのでもはや合わせるべき文明がない(村上泰亮『読売新聞』一九八七年四月七日)という見解もある。これによると影響力の強い文明や国が存在する場合には、それらに自らを合わせて行くことを国際化と呼ぶことも可能になるだろう。これは「中心的文明迎合主義」といってもいいだろう。

ちなみに陸(ルー)培春(ペイシュン)氏は、日本人の言う「国際化」とは多くの場合、依然として「西欧化」を意味している(『読売新聞』一九八七年三月三〇日)と述べているが、これは堺屋氏的視点からの日本批判ともとれるが、中心的文明迎合主義の指摘ともとれる。
 

また最近は国際交流や国際化という言葉のほかに「多文化共生」という言葉もよく使われるようになり、KIFAでも「多文化共生勉強会」を組織して多文化共生について学んできた。総務省によると多文化共生は国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として生きていくこと(『多文化共生の推進に関する研究会報告書』二〇〇六年三月)と規定されている。

総務省の規定はこれよりも二〇年前に発表された堺屋氏の国際化の規定「多様な価値観の存在を許容し、これと共存共生する社会になること」とほぼ同じ内容であると考えられる。

私は国際化に関する中心的文明迎合主義の規定は古くなりつつあると考えていたが、大島愼子(ちかこ)氏の「欧米の制度を基準とした経済体制や政治制度を導入して欧米的な環境に一体化すること」(『茨城新聞』二〇一二年八月二五日)という国際化の中心的文明迎合主義的規定に接して大変驚き、大島氏に質問をしたところ回答をもらうことができた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル