top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

妊娠を理由に退学を余儀なくされる女子高校生たち…“安心して学び続けられる社会に”経験者が訴え

ABEMA TIMES

 妊娠した女子高校生の学びの機会をいかに保障するのか。11日の『ABEMA Prime』では、2人の当事者を通じて考えた。

【映像】自主退学or中絶の2択だけ?妊娠した高校生の現実

■諦めるという選択はしたくなかったので、自主退学した

 キョウコさん(20)は私立高校2年生の秋、交際していた1学年上の男子生徒の子を妊娠したことを知った。しかし、母親に伝えたのは7カ月に入ってからのことだったという。

 「母とは友達感覚で話すくらい仲が良かったが、叱られたり、出産は諦めるべきだと言われたりするのではないかと思うと、怖くて言い出せなかった」。

 気持ちは学校に対しても同じだった。「友達は応援してくれたし、最終学年になっていたので、子育てと両立できれば一番良かったと思う。でも、相談したら退学にさせられてしまう気がして、妊娠とは別の理由で自主退学することにした。出産を諦めるという選択はしたくなかったので、この方法しかなかったと思う」。

広告の後にも続きます

 いまは育児に励むキョウコさん。一方、父親になるはずだった男性は「産むなら責任を取って結婚するし、産まないなら親と話して対処しよう」と言ってくれたものの、双方の両方の親を交えて話し合った後は親同士が連絡を取り合うだけで、直接のコミュニケーションは無くなってしまった。

■経済面、進学面を考えると、出産に踏み切ることができず…

 新橋みゆさん(21、大学4年生)は、高校3年生の春に妊娠が発覚した。交際1年ほどだった相手の男性は、コンドームを見せて「避妊してほしい」との懇願に応じることはなかったという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル