top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウクライナの戦場でライフル片手に講義を続ける大学教授

カラパイア


 ロシア軍による侵攻がいまだ続くウクライナでは、祖国を守るために民間の人々が志願して軍に入隊し、命をかけて戦っている。

 ウクライナの大学で教鞭を執っているハンガリー人の大学教授も志願兵だ。彼はライフルを片手に戦場で講義を続けており、その姿はtwitterでシェアされ、大きな注目を集めている


志願兵になって70日、戦場に立ちながら講義を続ける大学教授

 5月6日、ウクライナ国防省は公式Twitterである1人の兵士の姿をシェアした。

 彼の名は、フェディール・シャンドール。ウクライナ最西端に住むハンガリー人で、ウクライナのウジホロド国立大学の教授だ。

 現在、自宅から1000km離れたウクライナ東部で、ロシア軍と戦っている。

 シャンドールさんは、2月にロシア軍のウクライナ侵攻が始まった直後に、軍への入隊を志願。最前線に立って既に70日になるという。

 その間、シャンドールさんはスマートフォンを通して大学の学生たちに戦地からリモート講義を続けてきた。
私たちは、教養のある国のために戦っています。私が講義を止めたら、何のために戦争に行ったのかということになりますからね。(シャンドールさん)

包帯を巻いた手でライフルを持ちながらスマホで講義

 兵士仲間によって撮影されたシャンドールさんは、土嚢で保護された塹壕の中で、ヘルメットを被って戦闘服姿でライフルを抱えている。

 しかし、包帯を巻いた手にはスマートフォンを持ち、もう片方ではノートブックを開いている。まさにリモート講義中の姿だ。

 シャンドールさんは、毎週月曜と火曜の朝8時にこのような状態でクラスを開講するという。

 背後で砲撃音が聞こえることもあり、常に危険と隣り合わせの状況だが、これまで講義を休んだことは1日もないそうだ。

 ウクライナ国防省のTwitterでは、国のために戦うシャンドールさんを「ヨーロッパ文明の誇り」と称賛している。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル