top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロシア軍の攻撃で息子に先立たれた父親 血まみれの手を兵士に見せ激高

Sirabee

ロシア軍によるウクライナ侵攻から、すでに2ヶ月以上が経過する。そんな中、息子に先立たれた父親がロシア兵に詰めより、血で染まった手を見せつけ責めたてるという出来事があった。

男性の家族が経験した悲劇について、『The Sun』などの海外メディアが伝えている。


■避難作業に貢献した優しい少年

ロシア軍による激しい攻撃が続くなか、ウクライナのとある動物園の職員たちは、動物を安全な場所に移す作業に追われていた。

ひとりは15歳の少年で、動物の避難作業に加わりしっかり貢献していたとのこと。しかし途中でロシア軍の攻撃を受け重傷を負い、一瞬で左脚をボロボロにされてしまった。


関連記事:ウクライナの9歳女児がロシア軍攻撃で腕を切断 「胸が張り裂けそう」の声

■取り乱し倒れた母親

広告の後にも続きます

傷口からは大量の血が流れ、少年の服はあっと言う間に真っ赤に染まった。両親は慌てて少年を病院に連れて行き医師に治療を任せたが、わずか30分ほどで少年は動けなくなり、そのまま息を引き取った。

母親はひどく取り乱し、その場で倒れてしまったとのこと。悲しすぎる現実に衝撃を受けた父親の両手には、少年の血がべっとりついたままだった。

■血のついた手をロシア兵に…

「息子さんが亡くなりました」と医師に言われるなり、少年の父親はおぼつかない足取りで病院の外へ。攻撃の直後に捕らえられたロシア兵を見つけ歩み寄り、少年の血で真っ赤になった両手を見せつけた。

「おまえたちは、俺たちの家族にこういうことをしているんだぞ」。そう言われた兵士は思わず表情をゆがめたというが、少年の父親と言葉を交わしたのかなど、詳細は伝えられなかった。


■動物園の職員らも悲痛
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル