top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

副業におすすめ!在宅ライターの収入や仕事内容とは!

楽しみワークス

×
ライターの多くは在宅で仕事をする

はじめに

この記事は、在宅ライターになりたい方、またはフリーライターの仕事を始めたばかりの方向けに書いています。特に在宅ライターは副業におすすめです。時間や制約を自分でコントロールできるからです。

ライターとはWebサイトの原稿を買いたり、雑誌や本の執筆をする仕事です。インターネットが登場するまではライターになるには、出版社、広告代理店、新聞社、編集プロダクション、企業の広報部などに勤務して、現場を経験してからフリーランスになるのが一般的でした。

しかし、今は違います。インターネット上でさまざまなコンテンツ(文章や動画)が求められていることからライターはWeb界隈では不足しており、できるライターは引く手あまたの状態です。

ライティングの基礎知識があれば、今日、明日にでもライターと名乗りさえすれば始めることができるのです。クラウドソーシングで検索すれば、未経験可の案件もたくさんあります。そうした仕事は在宅でも可能です。未経験の場合は、高額な原稿料ではありませんが、お小遣い稼ぎにはなります。

そして、そこからライティングのスキルを上げれば、時給にして2500円以上の仕事を得ることは決して不可能ではないのです。

ライターは独学でもなれる

初心者ライターが読むべき本

広告の後にも続きます

ライターに文章力はもちろん重要です。ただ、ライティング用の高額な教材や通信講座、スクール、セミナーに通う必要はほとんどありません。というのも、文章作成のノウハウや作法、ルールは本やYoutube、サイトなどから吸収できるからです。

これから副業ライターを在宅で始めようという方は、書店で簡単に手に入る文章読本を購入するか、図書館で借りて読むだけでスタートしても大丈夫です。

また、ライターやコピーライターの文章講座の中には、高額な情報商材やセミナーを販売目的としたものもあるので、その点でも注意する必要があります。

ただし、編集業界のことを全く知らない方は、業界の事情を知る、仕事の取り方を知る、あるいは、同じライターの仲間を見つけるなど、多目的で良心的な文章講座、セミナーに参加することはありです。

プロとアマの違いは意識しよう
プロとアマチュアの書いた文章の最も大きな違いは「誰に読まれるのか」の意識の有無です。アマチュアの方は、得てして自分の好きなもの、自分が面白いと思う文章を書きがちです。しかし、文章の価値は読む人の評価で決まります。「お客様は神様」というサービス業のように、ライターもプロであるなら、読者視点の文章を作成することが求められます。

ライティングの経験がない人も在宅ライターになれる?

ライターの仕事は、得やすいと言える

ライターをするならフリーランス形式が一般的

ライターには社員や契約社員、アルバイトとして企業に勤務する方法と、フリーランスとして案件ごとに業務委託で働く方法があります。副業の在宅ライターをする場合は、業務委託形式が中心になります。

ライターの世界は、未経験者に優しい世界

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル