top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

在日コリアンの歴史と今も残る差別、韓国カルチャーを楽しむ若い世代にも教えるべきなのか? 当事者たちの葛藤

ABEMA TIMES

 先月、京都の「ウトロ地区」にオープンした、朝鮮半島から集められた在日コリアンたちが強いられてきた苦難の歴史を伝え、人権を学ぶ「平和祈念館」。

【映像】在日コリアン差別 なぜ今も残る?知らない世代も…あえて伝えていく意味とは

 この建設途中に発生、展示予定の資料が焼失するなどの被害が出たのが、同地区への放火事件だ。被告の男は「韓国が嫌いだった」と話していることから、在日コリアンへのヘイトクライム(憎悪犯罪)だったとの見方もある。

 終戦から77年経った今も日本社会で嫌がらせを受けつづける在日コリアンの人々。牛丼チェーン「吉野家」が外国籍の学生の採用説明会参加を拒否したというニュースが波紋を広げる中、10日の『ABEMA Prime』では、当事者たちに胸の内を語ってもらった。

■「むしろ今は韓国語を喋れたらモテる(笑)」。

 仙台市在住の在日コリアン3世で、メジャーアーティストとして活動しているニシハラ・スンホ(29)さんは、「戸籍名がハン・スンホで、通名がニシハラなのだが、取引先はほとんどが日本の会社なので、一応“在日の外国人です”と説明をし、日本に住んで、日本語が喋れると分かるよう、“ニシハラ・スンホ”と名乗っている」と話す。

広告の後にも続きます

 「仕事上、外国人だからといってお仕事がないということはあまりないので、全然気にならない。日本人の友人が、ふざけて“北朝鮮帰れよ”みたいなことを言われる時もあるが、ふざけて言っているだけだし、僕自身が国籍にあまりこだわりを持っていないので、ああ言っているなぐらいの感覚だ。むしろ今は韓国語を喋れたらモテる(笑)」。

 それでも、明るく笑い飛ばせるような経験ばかりではなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル