top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「毎月100万円しか」細田衆院議長の歳費めぐる発言 ネットで批判相次ぐ「金のためか」「喧嘩売られた」

ABEMA TIMES

 10日、都内で開かれた自民党議員のパーティーで飛び出した細田博之衆議院議長の発言が物議を醸している。

【映像】日本維新の会・藤田幹事長の厳しいコメント

細田議長「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない」「上場会社の社長は、1億円は必ずもらう。普通の衆院議員は手取りで70万、60万円くらい」

 民間企業の社長と比較して「100万円しかもらっていない」とした上で、細田議長は「1人あたり月給で手取り100万未満の議員を多少増やしてもバチは当たらない」と主張。国会では「議員の数を減らすべきだ」との議論が長年行われているが、「議員定数を増やすべきだ」と持論を述べたという。

 この発言に対し、ネット上では「100万って多いよね?彼の中では国会議員って金のためになるものなのね」「これが日本の政治家の感覚なのだと絶望」「真っ正面から喧嘩売られた感じがするのは私だけ?」といった疑問や否定的な声が寄せられている。

広告の後にも続きます

 また、日本維新の会・藤田文武幹事長からは「民間感覚に照らし合わせて100万円とか手取り70~80万円という発言はちょっとあり得ないと思う」と厳しい声があがった。(『ABEMAヒルズ』より)

TOPICS

ジャンル