top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

一部店舗だけで食べられるマクドナルド公式ラーメンが激ウマ

ガジェット通信

マクドナルドでは一部店舗でのみラーメンが食べられます。正真正銘の、マクドナルド公式ラーメンです。オーダーすると、フタがついたカップに入ったラーメンが出てきて、開封すると、中には麺と具、スープが入っています。

ハワイのマクドナルドでのみ食べられる

マクドナルドの公式ラーメンの正式名使用はサイミン。諸説あるようですが、かつてハワイに移住した日系人のラーメンに着想を得て誕生したといわれています。つまり、ハワイのマクドナルドでのみ食べられます。

マクドナルド公式ラーメンの内容

ガジェット通信では以前もこのマクドナルド公式ラーメンの情報をお伝えしましたが、今回は新情報と動画ともに、改めてお伝えいたします。

マクドナルド公式ラーメンには、麺、スープ、ナルト、海苔、玉子、チャーシューが入っていますが、実はほかにも食材があります。それは……。

客がラーメンに醤油を足す行為

マクドナルド公式ラーメンには、醤油と胡椒がついてきます。濃い味にしたい場合は醤油をスープに足します。日本のラーメンのように胡椒を入れることも可能です。

広告の後にも続きます

胡椒をラーメンに入れることは普通にありますが、客がラーメンに醤油を足すという行為、日本では珍しいですよね。

日本語で「おてもと」

また、マクドナルド公式ラーメンには箸がついてくるのですが、日本語で「おてもと」と書かれています。日本の割りばしそのものです。まさかハワイのマクドナルドで日本のラーメンが食べられるとは……、驚きですよね。

ちなみにこのサイミンは持ち帰りフードとしても優秀。しっかりフタがされたラーメンなので、ホテルや野外で食べたい人にも重宝しますよ。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル