top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市原隼人、頬がこけてぱっちり二重まぶたに 「消費カロリーが激しかったんだなと感じました」

オトナンサー


市原隼人さん

【写真】市原隼人さん、写真ギャラリーを見る

 映画「劇場版 おいしい給食 卒業」で主演を務める俳優の市原隼人さん。同作は、1986年、秋。黍名子中学3年生の担任を務める甘利田幸男(市原さん)は、受験シーズン前にもかかわらず給食の献立表ばかりを気にしています。ある日、給食メニューの改革が決まり、不穏な空気を感じた甘利田は給食を守るべく立ち上がりますが…劇場版第2弾です。
 
 オトナンサー編集部では、市原さんにインタビューを実施。オファーや台本の感想などを聞きました。

新幹線の中で台本に出会う

Q.最初にオファーを受けたときのことを覚えていますか。

市原さん(以下敬称略)「忘れもしません。地方から帰ってくる新幹線の中で、製本前の台本の束を渡されました。給食を扱う作品に携わったことがなかったので、どんな作品だろうと思いました。原作がなく、遊び心にあふれて、現場で生み出せるものが多くあると無数の可能性を感じました。自分が演じることでこの役がどんなものになるのか試してみたいと思いオファーを受けました」

広告の後にも続きます

Q.一番大変だったシーンを教えてください。

市原「あまり記憶がないんです。去年の夏は異常に暑く、40度超えの中で撮影していました。現場では甘利田が憑依して、汗まみれになりながら走り回っていたので」

Q.食へのこだわりはある方ですか。

市原「人間の寿命が延びたのは、ほかの動物にはできない料理ができるからだと思います。料理をすることで、食べられなかったものが食べられるようになりました。火を入れるかどうかで吸収率も変わってきます。交感神経を高めるものと副交感神経を促すもの、たんぱく質やビタミン、いろいろなことを考えながら食べるようになりました。

朝起きて、トレーニングして代謝をあげてから食べるようにしています。食事は気を付けています。食事を抜いて、腸を整えたりもしています。料理も好きなので包丁は8本持っています」

Q.運動は毎日されていますか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル