top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元都立高校教師が語る「将来構想検討委員会」の実態とは!?

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、財前二郎氏の書籍『ザ・学校社会 元都立高校教師が語る学校現場の真実』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】初の海外修学旅行前に「9.11事件」…全ての責任は学校に!?

中部地区の単位制高校

将来構想検討委員会の委員長として ~悪戦苦闘するも評価は「C」~

さて、海外修学旅行から帰ってくるや否や、私を待っていたのは、「将来構想検討委員会」の大仕事であった。これは校長の命を受けて、10年、20年先の学校のあるべき姿、いわゆる将来構想を検討していくというものであった。いわば「学校改革の委員会」とでもいったところだ。

メンバーは、今思うに、その多くが消極的で、校長に指名されたから仕方なく参加しているという感があった。反対はしないが協力もしない、会の中心となるようなポストは御免被るといった姿勢で、結局のところ、自分が委員長をやる羽目になった。

広告の後にも続きます

職場内の受け止め方も、決して良いものではなかった。校長から“特別扱い”されたメンバーが勝手なことを企んでいる、そんな色眼鏡で見られるのを肌で感じた。職員会議などにおいて、定期的に進捗状況を報告していったが、その度に、猛反対、総スカンを食らった。中には、個人的な罵声を浴びせる者もいた。

委員で手分けして、先進校の視察も行い、新しい教育課程の編成案などの骨子をまとめていこうとしたが、猛反対の中、遅々として進まなかった。

年度末に、校長の委員会に対する評価が下った。それはかなり厳しいもので、「C」評価であった。私は人事異動の関係で、後任に託すことになってしまったので、その後のことはよくは知らない。

ところで、この取り組みもよくよく考えてみれば、前任校の時、まわりの協力が得られず、何もかも自分でやった状況に実によく似ている。進路指導主任、教育課程委員長、そして今回の将来構想検討委員長と、これまでの人生、こうしたことの繰り返しであった。

管理職選考(副校長選考)に合格 ~妻には内緒~

前任校に勤務する頃から、指導主事や管理職に興味・関心を持っていたことは前述したところである。そうした背景には、管理職からのお声掛けもあってのことではあった。本格的に考え始めたのは、現任校に異動してからである。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル