top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広末涼子“背中に蜘蛛”で現場入り…ベストマザー賞までに本誌が見てきた肝っ玉変心18年

女性自身

広末涼子“背中に蜘蛛”で現場入り…ベストマザー賞までに本誌が見てきた肝っ玉変心18年

「仕事から離れる選択をした時は賛否もあって。『どうして結婚か仕事を選ばなくてはいけないのだろう?』という疑問がずっとありました」
「私の今があるのは、間違いなく子供たちの存在のおかげだと思っています」

 

こう語ったのは女優の広末涼子(41)だ。5月6日に開催された『第14回ベストマザー賞』の授賞式で、出産を機に女優業をセーブした際の苦悩を告白した広末。涙ながらに行ったスピーチは、話題を呼ぶこととなった。

 

広末は‘03年にデザイナーの男性と結婚し、翌年4月に第一子を出産した。’08年3月に離婚をした後、’10年10月にキャンドルアーティストのCANDLE JUNE(48)と再婚。その後、’11年3月と’15年7月に男児と女児を出産している。

広告の後にも続きます

 

ママ歴18年を誇る彼女の語った「私の今があるのは、間違いなく子供たちの存在のおかげ」という言葉。実際、広末を強くしたのは愛する子供たちの影響が大きいようだ。

 

「広末さんは‘14年のドラマ『聖女』(NHK総合)の打ち上げで『現場では、全然納得のできる演技が出来なくて、実は家に帰ってから、子供のたちの寝顔を見て泣いていました』といい、『私も母親ですから、涙を見せて彼らに心配をかけるわけにもいきません。泣くのは、彼らが眠っているのを確認した後でした』と涙ながらに語っていました。“母としての強さ”に、会場では胸打たれる人が続出していましたね」(制作関係者)

 

『FRaU』’16年7月号で20代後半を回想し、悩んでいた日々を明かしている広末。続けて《彼(夫のキャンドル氏)と出会えてなかったら、息子がいなかったら、女優業はもちろんのこと、今こうして自分が存在できていなかったんじゃないかと思う》と“家族の尊さ”を語っている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル