top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山では不法投棄になることも…注目集まる「散骨」のルールとマナー

女性自身

山では不法投棄になることも…注目集まる「散骨」のルールとマナー

《自分が亡くなったときは、遺骨を海にまいてほしい》と考える人が増えてきているという。そんな「散骨」に必要な費用や手続きはどうなっているのか、専門家に聞いたーー。

 

4月17日、神奈川県・葉山沖で、作家で元東京都知事の石原慎太郎さん(享年89)の「海洋散骨式」が営まれた。

 

「一緒に見送ってくれた海の友達がいて、本当におやじにとってよい場所だったんだろうなと」

広告の後にも続きます

 

次男でタレントの石原良純さん(60)は、散骨は故人の希望であったことを明かし、父親の遺言をかなえた心境をそう語っていた。

 

そもそも散骨とは、《死者の遺骨を粉にして海や山へまく葬礼》(広辞苑第七版)と定義されている自然葬のこと。現在その多くが“海洋散骨”だと言われている。

 

「石原さんのように、ご自分が亡くなったときに、散骨を希望されるという方は年々増加しています」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル