top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これまでで最高のUFOの写真。50年前にコスタリカ国立地理研究所が撮影

カラパイア


 UFO写真というと遠くから撮影するからピントがボケていたり解像度が低かったりと、なかなか鮮明なものにお目にかかれない。

 だが、50年前にコスタリカの上空から撮影された航空写真は、はっきりくっきりの鮮明度である。銀色の円盤状の飛行物体がはっきりと写し出されているのだ。

 この写真はコスタリカの国立地理研究所が地図作成のために撮影したもので、専門家の分析によれば、少なくも光の悪戯や偽造などではないという。

地図作成のために撮影された50年前の航空写真

 この写真は、1971年にコスタリカの国立地理研究所が、地図を作成するため、北部の高地にあるコート湖を高度3000m上空から航空撮影したもの。

撮影したモノクロ写真のうちの1枚に謎の物体

 国立地理研究所では、この時、測量用に20秒間隔で高解像度のモノクロ写真を何枚も撮影した。使用したカメラはフランス政府から寄贈された当時最先端のものだという。

 そしてそのうちの1枚に、銀色の円盤状の物体が写り込んでいたのだ。場所はコーテ湖上空、撮影時間は現地時間午前8時25分だ。

image credit: Instituto Geografico Nacional de Costa Rica

 コスタリカのUFO研究家リカルド・ビルチェス氏、リチャード・ハイネス博士、ジャック・ヴァレ博士らの分析によれば、少なくとも二重露出や意図的な捏造ではないようだ。

 この写真は、UFO研究家を名乗るエステバン・カランサ氏がtwitterにアップしたことで話題となった。

 カランサ氏の叔父が1970年代後半~80年代前半に国立地理研究所から入手したネガをもらったという。

 そのネガは米テキサス州にあるマイケル・ストリックランド・フォトグラフィー社に送られ、1.7GBの高品質スキャンが作成された。

 カランサ氏はコスタリカ国立地理研究所に足を運び、撮影当時カメラを担当していた技術者の捜索まで行ったと説明している。
この高解像度スキャンは昨年作成されたもの。国立地理研究所に行き、1971年当時カメラを担当していた技術者を探した。

だが自分のPCに眠らせておく理由はない。公開はチームワークによるもので、誰もがこの画像を手にしていい。

これまでで最高のUFOの写真

 ジャーナリストでUFO研究家でもあるレスリー・キーン氏は、コスタリカのメディアに「おそらく、これまでで最高のUFOの写真」とコメント。

 キーン氏によると、1970年代にコスタリカ政府が地図を作成するべく飛行機の底にカメラを取り付けて撮影したものだという。
円盤状の物体と、丸い表面に反射する太陽の光がはっきりと写っています。重要なことは、これが政府の写真だということです。

管理記録がはっきりしており、コスタリカ政府が常に所有してきました。写真は本物です。だから不可解なのです
 なお画像の分析からは、UFOの直径は36~67メートルと推定されている。

 尚コート湖周辺は、コスタリカの先住民マレク族の聖地で、神々と精霊が暮らす場所と言われているそうだ。
トリビアを1つ。心臓のようなコート湖は、コスタリカの先住民マレク族の聖地で、神々と精霊が暮らすとされている。赤丸のところが、UFOが撮影された現場だ。
References:One Of The Best Ufo Photos Turns 50… And It Was Taken In Costa Rica / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル