top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2024年大河ドラマ「光る君へ」紫式部役で吉高由里子が主演 「鮮やかな大河ドラマにしていけたらと思います」

エンタメOVO

 NHKで2024年に放送される大河ドラマのタイトルが「光る君へ」に決定。11日、東京都内で会見が行われ、主人公の紫式部を演じる吉高由里子、脚本の大石静氏ほかが出席した。

 大河ドラマ第63作目となる本作の舞台は平安時代。後に、世界最古の女性文学といわれる『源氏物語』を生み出した紫式部の人生を描く。

 大石氏は「紫式部は生没年も不明で、日記も残しているけれど、本音は書いていない感じ。これはオリジナルで相当構築できる、挑戦しがいがあるなと思って、人生最後の懸けだと思ってイチかバチかでお受けしました」と経緯を語った。

 吉高は「私は2014年に連続ドラマ小説(『花子とアン』)に出演したのですが、10年ぶりに長い作品に携わらせていただきます。今回は女性がテーマで、スタッフさんも女性の方が多い。(平安時代は)男の人の社会で動いていた時代かもしれないけれど、女の人に光が差す内容をやっていく上で、たくさんの人に共感していただける主人公を表現できたらと思います」と意気込みを語った。

 大河ドラマでの主演については、「本当に願ってもないこと。この仕事をやっていても、『大河ドラマの主演が夢』とは恐れ多くて言えないぐらい、自分には関わりのないものだと思っていたので」とコメント。

広告の後にも続きます

 続けて、「なので、今ここに座らされて何をしゃべればいいのか分からない」と苦笑しながらも、「大石先生がこれからオリジナル性にあふれる内容で書いてくださるので、その想像の翼と未知の世界を、日々想像しながら、鮮やかな大河ドラマにしていけたらと思います」と話した。

 また、「馬に乗りたい」とも語った吉高は「大河ドラマといえば、馬かなと思っていたら、今回戦(いくさ)がない。なので馬のシーンをねじ込んでいただければ。馬に乗って現場入りしたい」と冗談めかして笑わせた。

 ドラマでは、紫式部が生涯心を寄せる男性として、藤原道長も登場する。大石氏は「紫式部の彼に対する愛と執着と憎しみ…。結婚はしないけど、生涯ツイン・ソウルのように絡み合う2人の感情を描いていけたら」と構想を語った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル