top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

茶寮FUKUCHA こだわりの京都産「和紅茶」を使用した新スイーツが登場

GourmetBiz

京都・福寿園がプロデュースするカフェ「茶寮FUKUCHA」にて、2022年6月1日(水)から京都産「和紅茶」を使用した新スイーツの提供を始めます。特有の柔らかく淡い香りを纏い、上品な渋味のあるこだわりの和紅茶とスイーツの絶妙なハーモニーを楽しめるようになっています。

茶寮FUKUCHA京都駅店及び四条店では、下記の通り和紅茶フェアを開催します。

開催概要

期間: 2022年6月1日(水)~9月30日(金)
提供メニュー: 
和紅茶フロート(京都駅店限定)、和紅茶ハーバルパフェ、和紅茶ティラミスかき氷、和紅茶ソフトクリーム(京都駅店限定)の4種類

和紅茶フロート ※京都駅店限定


770円(税込) ※テイクアウト 756円(税込)
和紅茶の渋味を抑えるために冷たいミルクで抽出した和紅茶ラテに、淡い香りと少し渋味を強調したなめらかな和紅茶ソフトクリームを浮かべました。手毬柄のかわいい生麩と粒餡をトッピングした自慢のフロートとなっています。和紅茶特有の上品な淡い香りが、暑い夏のひと時を癒してくれます。テイクアウトも可能となっています。

和紅茶ハーバルパフェ


1000円(税込)
濃厚なミルクプリンに寒天、白桃、白玉、赤エンドウ豆をトッピングし、特製の和紅茶アイスクリームを添えました。和紅茶のイメージを表現したシェフ自作のパフェグラスで心まで癒されます。淡い香りと上品な渋味の和紅茶蜜を好みでかけて味わいます。

和紅茶ティラミスかき氷

広告の後にも続きます


1000円(税込)
ふわふわの氷の中にマスカルポーネクリームと特製の和紅茶アイスクリーム、白桃のコンフィチュールを忍ばせ、可愛い白餡最中をトッピング。白桃の爽やかな甘味と和紅茶の淡い香りと上品な渋味が相性抜群なFUKUCHA特製かき氷となっています。和紅茶蜜を好みでかけて。

和紅茶ソフトクリーム ※京都駅店限定


605円(税込) ※テイクアウト594円(税込)
和紅茶の淡い香りと渋さをしっかりと味わえる口どけ滑らかなソフトクリームとなっています。ほうじ茶チョコレートを染み込ませたぼうろをトッピング。テイクアウトも可能となっています。

和紅茶とは


緑茶やウーロン茶や紅茶は、同じ茶の木から作ることができ、その違いは製茶時の発酵(酸化)の有無、および発酵度の違いです。緑茶は、茶葉を摘みとったあとに蒸したり、炒るなど熱を加えることで酸化酵素の働きを止め、爽やかな新緑の風味を保ちますが、紅茶は熱を加えず茶葉を乾かす(萎凋)ことで、独特の花のような香りを引き出します。
紅茶といえば、ダージリンやウバなど外国の飲み物というイメージがありますが、明治時代から国内で製造が始まり、昭和初期には輸出の全盛期を迎えました。しかし、1970年代から国際的な競争が厳しく、衰退してしまいましたが、最近になって「国産紅茶」=「和紅茶」の渋味の少ない、すっきりとした味わいが注目されています。
今回、福寿園の茶師が数千種の原料茶の中から、和紅茶の風味がスイーツでもしっかり楽しめるものを厳選しました。旨味のある京都府産茶葉を使用し、しっかりと発酵させることで、お茶の渋味をほどよく抑え、まろやかなで優しい風味に仕上げています。

シェフパティシエ

杉本 映(すぎもと えい)

子どもの頃から料理に親しみ、大阪の製菓専門学校で菓子づくりの基礎を学ぶ。
京都のパティスリーやホテルでシェフを歴任。
2019年、茶寮FUKUCHAオープンに伴い、シェフパティシエとして就任し、
宇治茶の魅力を最大限に活かしつつ、テーマや世界観を大切にしたスイーツ
づくりへの挑戦を続けている。

販売店舗
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル