top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

棺の中からノック音、死んだはずの女性が葬儀中に息を吹き返す

カラパイア


 南米ペルーで奇妙な出来事が起きた。交通事故に巻き込まれ、死亡が確認された3女性の葬儀中、棺の中から奇妙な物音がし、参列者らは仰天した。

 死んだはずの女性が息を吹き返し、棺を内側から叩いていたのだ。

 慌てて救急車で病院に搬送され治療が施されたが、残念ながら女性は数時間後に息を引き取ったという。



Woman ‘bangs on her coffin lid’ as she’s about to be buried at her own

死者が入った棺の中からノック音

 4月26日、南米ペルー北西部ランバイエケ県でローザ・イザベル・セスペデス・カラカさん(36歳)の葬儀が執り行われた。

 前日の25日、ローザさんの乗っていた車が交通事故に遭い、同乗者の甥が重傷を負って、義理兄とローザさんが死亡宣告されたのだ。

 しかし葬儀の最中、信じられないことが起こった。

 悲しみに暮れる親族ら数人が、ローザさんの遺体が入った木製の棺桶を肩にかついだ時、中からコツコツとノックのような音がした。

 不審に思った親族らが恐る恐る棺の蓋を開けると、弱々しく目を開いているローザさんの姿に、参列者らは仰天した。

 葬儀に立ち会った墓地の管理人も、目を開けて汗をかいているローザさんの姿を見て驚き、すぐに事務所に行って警察に通報。駆け付けた救急車で、ローザさんは病院へ搬送された。

病院側の誤診か?

 ローザさんは生きてはいたものの、脈が弱く、医師らは生命維持装置をつけて治療にあたった。だが、回復することなく、数時間後に息を引き取った。

 親族らは、困惑を隠せない中で、交通事故当初に運ばれた病院の死亡宣告に疑いを抱いた。事故直後、ローザさんは昏睡状態に陥っていただけではと思ったのだ。

 ローザさんの叔母は、「ローザが棺桶を押して触っている動画もある」と話しており、ローザさんが生きていたことは間違いなさそうだ。

 2度の別れを告げなければならなかった家族はやりきれない。現在、親族から事情を聞いた警察が、最初にローザさんの死亡宣告をした病院を調査しているということだ。

References:Woman Allegedly Comes Back to Life During Her Own Funeral / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル