top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元『SMAP』ついに“4人”で共演実現!? 木村拓哉ドラマ惨敗の裏で進む計画

週刊実話WEB

『新しい地図』香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎 (C)週刊実話Web

数々のドラマで高視聴率をマークしてきた木村拓哉が苦戦している。

現在、テレビ朝日系で放送されている木村主演のドラマ『未来への10カウント』だが、4月28日放送の第3話平均世帯視聴率9.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)に続き、5月5日放送の第4話も9.6%と、連続一桁を記録してしまった。

【関連】木村拓哉“手頃なギャラ”の裏事情…テレ朝上層部『未来への10カウント』に落胆 ほか

「第3話、第4話はゴールデンウイーク中ということで、まだ言い訳もできる。でも、このまま一桁が続いたら大問題。そうならないためにも、テレビ朝日は宣伝のテコ入れを行っています。なかなかテレビの視聴率が取れないといわれる時代でも、木村の主演ドラマが惨敗してしまうとテレ朝としても〝歴史的な駄作を作った局〟として認知されてしまう。シナリオを大幅に変えるのは難しいので、同局のさまざまな番組で『――10カウント』を取り上げていくつもりのようです」(テレビ朝日関係者)

ドラマの内容もあるとはいえ、木村に視聴率が付いてこなくなったのも事実。民放公式テレビポータル『TVer』などの見逃し配信でも数字は良くないという。

そして、不調な木村とは対象的に、テレビ局関係者の間で話題となっているのが、他の元『SMAP』メンバーたちだ。

テレ朝つながりで中居正広とコラボ!?

広告の後にも続きます

「稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の『新しい地図』の3人は、今年4月からNHK Eテレのバラエティー番組『ワルイコあつまれ』にレギュラー出演しています。3人がそろって出演する初めての地上波レギュラーとなり、完全復活したといわれている。NHKが先陣を切って『新しい地図』の番組を作ったことが大きなポイントに。これまでは、民放各局がジャニーズ事務所に遠慮して彼らを積極的に起用しなかった。しかし、今後は3人の番組を作りやすくなります。すでに、3人とも関係の深い『ABEMA』と提携しているテレ朝が、新番組を企画しているという話です」(同・関係者)

彼らは、『ABEMA』とタッグを組んでいる『7.2 新しい別の窓』のスペシャル番組を、夏に向けて企画しているという。

「かなり豪華なゲストを呼ぶ計画があるとかで、『24時間テレビ』に近いようなチャリティーも兼ねた大型番組になるのではないかと。フジテレビが『FNS 27時間テレビ』の放送をしないことを発表したばかりなので、彼らが変わりに『27時間テレビ』生放送をしても面白いという話も出ています」(テレビ雑誌編集者)

さらには、中居正広との合流もウワサされている。

「中居は、ジャニーズ事務所に所属していたときから受け継いでいる仕事については、コンサル料を納める形になっているようです。ただ、新しい仕事については特に制限を受けていないので、虎視眈々と『新しい地図』との共演プランを練っているようです。ジャニーズ事務所とも今後も良好な関係を続けたいので、相談しながら進めているとか。まずは民放ではなくネット配信の『ABEMA』で合流する案が出ている。3人が企画する大型特番とテレ朝で放送中の『中居正広のキャスターな会』でコラボする形がいいのでないかといわれています」(同・編集者)

木村が得意のドラマで苦戦している中、〝かつての仲間たち〟は、新たな可能性を導き出そうとしているようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル