top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

化粧水のつけ方、肌にいいのは「コットン」と「ハンドプレス」のどっち? 皮膚科医に聞いた

オトナンサー


化粧水をつける方法、肌にとっての“正解”は?

【画像】コットンとハンドプレス、それぞれのメリット/デメリットを比較!

 5月10日は、その語呂合わせから「コットンの日」とされています。ところで、日々のスキンケアに欠かせない化粧水を肌につけるときの方法として、大きく「コットンを使う」と「ハンドプレス」の2種類があります。

 化粧水を染み込ませて肌につける「コットン」派からは、「衛生面で安心できる」「顔にまんべんなくつけられる」、手で直接化粧水をつける「ハンドプレス」派からは、「手の温度で化粧水が浸透しやすいイメージ」「コットンより刺激が少なそう」など、それぞれにメリットを感じる声があるようです。

 化粧水をつける際の「コットン」と「ハンドプレス」、実際のところはどちらが肌にとって“正解”なのでしょうか。アヴェニュー表参道クリニックの佐藤卓士院長(皮膚科・形成外科)に聞きました。

ポイントは「つけムラ」と「肌への摩擦」

広告の後にも続きます

Q.まず、スキンケアにおける化粧水の効果について教えてください。

佐藤さん「化粧水は、洗顔で失われた肌の水分を補い、水分を肌表面の角質層に浸透させることで皮膚を柔らかくし、潤いのある滑らかな肌に整える働きがあります。また、その後のスキンケアの浸透や化粧ノリをよくする効果もあります」

Q.化粧水をつける際、コットンを使うことのメリット/デメリットは何でしょうか。

佐藤さん「コットンを使うメリットとしては、(1)手が直接当たらないので衛生的(2)手ではつけにくい小鼻や目元、口周りなどにもしっかりとムラなく化粧水をつけることができる(3)コットンの細かい繊維によって、古い角質を取り除いてくれる(4)手のひらで肌が温まることがなく、毛穴を引き締めてくれる(5)パックとして使うこともできる―などが挙げられます。

一方、デメリットとしては、コットンで肌を強くたたいたり、きつくこすったりすると、コットンの繊維の刺激によってニキビや肌荒れを悪化させる可能性があること、そして直接肌を触らないので、今の肌の状態が確認できないことが挙げられます」

Q.一方、化粧水をハンドプレスでつけることのメリット/デメリットとは。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル