top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

運動会シーズンの5月、6月こそ要注意! 子どもが熱中症になったときはどうする?

オトナンサー


運動会が行われる5月、6月も熱中症に注意

【画像】子どもの熱中症を疑うべき症状とは? 対策も紹介

「熱中症」と聞くと、7月から8月にかけて注意すべきものだと思う人が多いと思いますが、毎年5月から6月にかけて、小学校や中学校で運動会が行われることも多く、運動会の練習中に子どもが熱中症とみられる症状で救急搬送されるケースも珍しくありません。夏を待たず、早めに熱中症対策をすることが大切です。子どもが熱中症とみられる症状になった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。たけつな小児科クリニック(奈良県生駒市)の竹綱庸仁(たけつな・のぶひと)院長に聞きました。

まずはスポーツドリンクなどを飲ませる

Q.ネット上では、「子どもは熱中症になりやすい」といった声があります。そもそも、子どもは大人に比べて、本当に熱中症になりやすいのでしょうか。

竹綱さん「結論から言うと、子どもと大人を比較した場合、子どもの方が熱中症を起こしやすいと考えられます。

広告の後にも続きます

東京消防庁の調査によると、2020年6月から9月の10万人当たりの熱中症による救急搬送者数を年代別に比較したところ、10代の人は、20代から50代の人よりも救急搬送されるケースが多かったことが報告されています。また、気温が30度以上になると、搬送者が急激に増えます。近年は5、6月でも30度を上回る日が増えたので、子どもは特にですが、大人も注意が必要です」

Q.なぜ10代の子どもは熱中症になりやすいのでしょうか。

竹綱さん「10代の子どもが大人よりも熱中症になりやすい理由としては、(1)大人と比べて体温調節機能が未熟(2)活動強度の差(3)水分摂取の関心の有無―の3点が大きな理由です。

(1)の体温調節機能の未熟性については、容易に想像できると思います。(2)については、一般的に子どもの方が公園で遊んだり、部活でスポーツをしたりと、体を動かす機会が多く、汗をかく頻度が高くなるためです。(3)の水分摂取の関心の有無については、子どもはそもそも熱中症という概念を持ち合わせていないことが多いため、自分が興味あることに夢中になり、水分を摂取するという発想に至りません。これら3点が、子どもが大人よりも熱中症にかかるケースが多いと考えられる原因です。

ただし、大人でも、1人暮らしの高齢者は、在宅時に『エアコンが苦手』『電気代がかかる』といった理由で冷房を使わずに暑さを我慢しがちなことや、生活時の活動強度が低く、トイレに行く回数を減らすために水分摂取を控えてしまうなどの点から、熱中症を引き起こすこともしばしば見受けられます」

Q.子どもが熱中症になったかどうかを見分ける方法について、教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル