top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三上哲、ベネディクト・カンバーバッチに親近感 注目してほしいシーンは「全部です」

オトナンサー


三上哲さん

【写真】三上哲さん、写真ギャラリーを見る

 映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でストレンジの声を務める声優の三上哲さん。同作は、マルチバースの扉を開いたことで変わりつつある世界を元に戻すため、ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチさん)はスカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセンさん)に助けを求めます。しかし、彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類に迫ります。

 オトナンサー編集部では、三上さんに単独インタビューを実施。ストレンジの魅力や演じる際に意識していることなどを聞きました。

ストレンジの魅力は上から目線だけでなく、いろいろな面を持っていること

Q.予告で本来のストレンジと闇落ちのストレンジが出てきていましたが、2役演じたような気持ちでしょうか。

広告の後にも続きます

三上さん(以下敬称略)「そうですね。2役ですね。収録もちょっと絡むようなところもあります。カンバーバッチさんのお芝居も違うように演じているので、ディレクターと相談しながら演じました。アニメ『ホワット・イフ…?』でも全く違うストレンジを演じましたが大変でした。2役演じられて楽しかったです。自分の中では別の役として演じています」

Q.2作目はホラー要素もあると聞いていますが。

三上「2作目ができるときにホラーになると聞いてましたが、そんなにおどろおどろしくもなく、ホラーという感じではないと思います。マルチバースということで、いろいろな可能性があります。うまく使っていると思います」

Q.今後もマルチバースは続くと思いますか。

三上「うまく使えばどんどん広げられるので、可能性はあると思います。映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から今回のマルチバースなので、これで終わることはないかと思います。誰が出てきてもおかしくないですし。この作品から引っ張ってくるのかということもありえると思います」

Q.ストレンジの魅力を教えてください

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル