top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

羽生結弦を脅かす17歳美少年スケーター…世界初の完璧な4回転アクセルも成功目前

女性自身

羽生結弦を脅かす17歳美少年スケーター…世界初の完璧な4回転アクセルも成功目前

ある動画がいま、フィギュアスケートの関係者やファンの間で話題になっている。細身の少年が、4回転アクセル(4回転半ジャンプ、以下4A)に挑んでいる動画だ。

 

「アメリカのイリア・マリニン選手(17)です。練習中の動画がインターネット上にアップされたのですが、4Aを跳んで、転倒もせずに着氷。バランスを崩していて完璧ではないものの、大きな反響を呼んでいます。『高さもあるし、回転も速い』『最も完成に近い』などといった感嘆の声が、世界中から上がっているのです」(スポーツライター)

 

4回転アクセルといえば、どのスケーターも完成させていない前人未到のジャンプであり、その成功は羽生結弦(27)の悲願。2月に行われた北京五輪での羽生の挑戦も記憶に新しい。

広告の後にも続きます

 

「羽生選手が五輪で挑んだ4Aは転倒し、“4Aのアンダーローテーション(回転不足)”と判定されました。これは“国際スケート連盟(ISU)公認の大会で初めて4Aが跳ばれた”という記録をつくった一つの快挙ではありましたが、一方で2分の1の回転不足であって、完璧な4Aではない。

 

羽生選手以外にも、アメリカの選手が今年、国内試合で回転不足の4Aを着氷していますし、ほかの国にも挑戦を公言している選手がいます。“世界で初めてのクリーン(回転不足がなく完璧)な4Aを成功させたい”と、複数の選手がしのぎを削っている状況です」(スポーツ紙記者)

 

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル