top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

攻撃を受けた建物に1か月取り残されていたウクライナの猫、ついに救出

カラパイア


 ロシア軍のウクライナ侵攻はまだ続いている。ウクライナ首都キーウ北西の街「ボロディヤンカ」は、ウクライナ大統領が「ブチャより凄惨」と口にしたほど、ロシア軍による民間人大量虐殺が行われ、集合住宅が多数全壊した。

 そのボロディヤンカで、ロシア軍によって破壊されたアパートに1か月以上も取り残されていた猫がいた。

 SNSで猫の窮状がシェアされると、救出を懇願する声が寄せられ、ようやく無事に猫は助け出された。

破壊されたアパートに取り残されていた猫

 ウクライナの街ボロディヤンカで、ロシア軍によって破壊されたアパートに1か月以上も取り残されている猫がいると、ソーシャルメディアで注目を集めた。

 誰もいなくなったアパートの7階で、猫はなんとか生き延びていたようだ。  地元に住むユージーン・キベッツさんは、動物救済ボランティアメンバーの仲間に猫の助けを要請し、一緒に現場へと向かった。  駆け付けた消防隊のはしご車を使って、救助隊員が7階に上り、無事猫を救出した。

猫の救出にソーシャルメディアのユーザーら喜び

 猫は、すぐに獣医のもとへ運ばれ、必要な治療を施された。その後、餌を与えられると旺盛な食欲を見せたという。  ソーシャルメディアでは、猫の窮状がシェアされて以来、猫の救助を求める声が相次いでいた。心配するユーザーらは、今回無事に猫が救助されたことに喜びを露わにした。  あるユーザーは、このようにコメントしている。
ウクライナの人々は、世界中に彼らの献身や強さ、互いの愛と動物への思いやりを示している。
プーチンが決して破壊できないもの。それは、ウクライナ人の心と魂だ。
 なお、猫は現在も獣医院で引き続き治療を受けているが、猫の飼い主の居場所は不明だ。どこかに無事避難できていればいいが、攻撃に巻き込まれた可能性もある。

 ユーザーらからは「猫が飼い主と再会できればいいけれど、無理なら良い飼い主に引き取られてほしい」と願う声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル