top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

100歳で100メートルを完走、世界記録を樹立した第二次世界大戦の退役軍人男性

カラパイア


 アメリカのニュージャージー州に住む100歳の男性が、アメリカ最古の陸上競技大会の80歳以上の部門に出場した。もちろん出場者最年長だ。

 男性は第二次世界大戦を戦った元軍人で、走ることが好きで毎日ランニングを続けてきた。今回見事100メートルを完走し、26.34秒という100歳で最高となるタイムで世界記録を樹立した。

100歳の男性が走る映像は再生後8:35から

100-Year-Old WWII Veteran Lester Wright 26.34 100m At Penn Relays

100歳で100メートルを完走した第二次世界大戦の退役軍人

 ニュージャージー州に住むレスター・ライトさん(100歳)が走ることに魅力を見出したのは、およそ80年前の1930年代のことだった。

 その後、第二次世界大戦の兵士となり出征したため、走ることを中断していたが、アメリカに戻って来た30歳の時に、再び走ることを始めた。

 それ以来、レスターさんは走り続けてきた。彼を一番にサポートしてきたのは、80年間連れ添っている妻アデルさんだ。

 2人は、ニュージャージー州で歯科用品事業を40年間にわたり営み、家族を育ててきた。

 高齢になっても走り続けるレスターさんに対して、アデルさんは「ずっと走りたいのならそうすればいい」と応援を続け、100歳になったレスターさんのレース出場にも「あなたらしく走って」とアドバイスしたという。

100歳で100メートル走の世界記録を樹立

 今回、アメリカ最古の陸上競技会であるペン・リレーの上級マスター部門に参加したレスターさんは、見事に完走し、26.34秒という世界記録を樹立した。

 2015年のドナルド・ペルマンさんの26.99秒を打ち破ったのだ。  実はレスターさん、76歳の時にも全力疾走して世界記録を樹立している。今回は約25年ぶりに嬉しい結果を手にすることができた。

 後のメディア取材で、レスターさんはこのように語っている。
競技場に来た時は、少し緊張したけれど、観客や周りを見回してるうちに、昔の感覚が戻ってきたよ。

100メートル走は楽しいけれど、もっと長くてもいいかなとも思ったよ。レースに出るのなら勝つために本当の走りを見せないと駄目だからね。100メートルは、走り始めたと思ったら終わっちゃったからね。

私の中で、2位や3位は存在しないんだ。だから、100歳で世界記録を樹立できたことをとても嬉しく思うよ。
 ちなみに、2023年のペン・リレーの出場意欲を尋ねられると、レスターさんは「多分ね」と笑って答えたということだ。

 凄い人ってやっぱりいるもんなんだな。順位も9人中7位だし。更に2か所三つ編みしている髪型もチャーミングだ。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル