top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「せっかち」な人の心理とは? 改善できる? 心理カウンセラーに聞く

オトナンサー


せっかちな人、身近にいませんか?

【画像】実はあなたも? 「せっかちになりやすい人」にはこんな特徴がある

 いつも急いでいたり、焦っていたりする、いわゆる「せっかち」な人。自分自身がそうだと自覚している人や、「身近にいる」という人も少なくないと思います。せっかちな人は、その振る舞いが周囲の人にもさまざまな影響を及ぼしやすい側面があるため、「せっかちな人といると、こっちまでせかされているような気持ちになる」「職場にいたら面倒くさいかも」といった声の他、「せっかちって直せるの?」「せっかちな人と上手に付き合うには?」といった疑問も聞かれます。

「せっかち」な人の心理や、周囲の接し方について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに聞きました。

「未来に対する不安」が強い思考傾向

Q.「せっかち」な人の心理とは、どのようなものですか。

広告の後にも続きます

小日向さん「せっかちな人は、『先へ先へ』という気持ちが“日常的に”強い心理状態です。さまざまな要因が絡み合ってそうした性格、心理状態になるのですが、大きな要因の一つとしては『予期不安(未来に対する不安)が強い』という思考傾向があると思います。

例えば、誰かと待ち合わせをしたとき、『もし道路が混んでいたら…』『電車が止まったら…』と、未来に不安を感じると早めに家を出るようになりますし、物を送る場合でも、『配送途中に何かあるかもしれない』と不安になるから、早々と先方に確認を入れるといった行動になるわけです。そうした性格に、『(親などの教育者から)日常的にせかされていた』といった成育歴や、『上司がせっかちで、常に業務をせかす』といった環境要因が加わると、せっかちにますます拍車がかかることが多いです」

Q.せっかちな人自身は、「自分はせっかちだ」という自覚があるケースが多いのでしょうか。それとも、自覚がないケースが多いのでしょうか。

小日向さん「自覚がないケースが多いと思います。なぜなら、せっかちな性格の人は、親や家族がせっかちなことが多いからです。つまり、周囲が常にせかせかしている状態が、その人にとっての“普通”になってしまっていることが往々にしてあるのです。

しかし、そうした環境から離れてから、信頼している人にせっかちを注意されたり、せっかちが原因で大きな失敗をしたりと、その人にとってショッキングな体験を学習すると、それをきっかけに自覚することは十分にあり得ると思います」

Q.せっかちな人にみられる特徴はありますか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル