top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

府知事時代の暴露から人格障害まで…大石議員だけじゃない、橋下徹氏から訴えられた人たち

リアルライブ

 れいわ新選組の大石あきこ衆議院議員が、元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏から「名誉を傷つけられた」として提訴され、話題となっている。橋下氏は大石氏のインタビューが掲載された『日刊ゲンダイ』(日刊現代)もともに訴えている。

 橋下氏はこれまでにも個人を訴えてきた。その相手と結果はどのようなものだろうか。

 ​>>維新・馬場共同代表、橋下徹氏のウクライナ発言「意味不明」と批判 「早く現場に戻って」意味深発言も<<​​​

 大阪府知事時代には、『新潮45』(新潮社)2011年11月号に掲載された記事を巡り、名誉を傷つけられたとして、精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏と版元の新潮社に1100万円の損害賠償を求める訴えを起こしている。記事では橋下氏の高校時代を知る教師の証言をもとに、野田氏が橋下氏を「演技性人格性障害といってもいい」と分析した。

 判決は一審では野田氏と新潮社に110万円の支払いを求め、橋下氏が勝訴したが、二審で逆転、2017年に最高裁への上告が棄却され、橋下氏が敗訴している。

 2017年には、有田芳生参議院議員に対し、ツイッター上の発言で精神的苦痛を受けたとして500万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。両氏はツイッター上でバトルを繰り広げていたが、有田氏が、橋下氏が過去のテレビ番組に関し、「1回だけ出演して降板させられた」と書き込んだことに対し、社会的評価を低められたと主張した。判決は一審、二審ともに橋下氏の要求が退けられ、2019年には最高裁判所への上告が棄却。こちらも橋下氏が敗訴している。

 同年には、ジャーナリストの岩上安身氏が、橋下氏が「大阪府知事時代に幹部職員を自殺に追い込んだ」などとする第三者のツイートをリツイートしたことに対し、慰謝料など110万円の損害賠償請求を求めた。一審、二審判決ともに名誉毀損を認め、33万円の支払いを命じた。岩上氏側が2020年に上告断念を表明したため、橋下氏の勝訴が確定している。

 大石氏に対する訴えは、どのような結果となるのかは気になるところだ。

TOPICS

ジャンル