top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画を見て恐竜を育てよう! 「たまごっち」が今夏の話題作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』とコラボ

OVO

 ハリウッドの夏の映画興行は、コロナ禍でここ2年ばかり自粛モードだったが、今年は完全復活を遂げそうな気配。その中でも最大の話題作といえるのが、日本でも7月29日から公開される『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』だろう。1993年に恐竜ブームを巻き起こした『ジュラシック・パーク』から続く大ヒット・シリーズの6作目となる今回は、『ジュラシック・ワールド』3部作の完結編をうたい、『ジュラシック・パーク』の博士たちも再登場するのだから。

 公開を記念して、バンダイ(東京)のグローバルトイ企画部は、「たまごっちnano」シリーズより、この映画とコラボレーションした「JURASSIC WORLD TAMAGOTCHI」を7月23日(土)に発売する。本体カラーは、琥珀(こはく)をイメージした「Dinosaur Amber ver.」と、恐竜の卵をモチーフにした「Dinosaur Egg ver.」の2種類。育成できる恐竜は、映画に登場する大人気恐竜である「T-レックス」や「ブルー」などを含む肉食系恐竜18種、「トリケラトプス」や「ステゴザウルス」などを含む草食系恐竜8種の合計26種で、「赤ちゃん恐竜」をどう世話したかによって次に世話する恐竜が決まる仕組みになっている。

 また、一定時間ごとにシリーズの印象的なシーンが見られたり、劇中の登場人物が表示されたりして、映画の世界観を楽しむことができる。さらに、ボタンを連打して恐竜から逃げる「ESCAPE!」など3種類のミニゲームも搭載されている。対象年齢は6歳以上で、価格は「Amber ver.」「Egg ver.」ともに税込み2,530円。親子で一緒に映画を見て、恐竜を育てれば、親子の絆がさらに深まるはず。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル