top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【戦国武将に学ぶ】豊臣秀頼~天下人の子、出陣せぬまま大坂城に散る~

オトナンサー

 結局、1614(慶長19)年、「方広寺鐘銘事件」によって家康から挑発された形の秀頼が、大坂城に諸大名の招集をかけたわけですが、諸大名の誰一人として入城することはなく、浪人たちを集めて戦うことになりました。大坂冬の陣、そして、翌年の夏の陣で敗れ、最期は大坂城で母淀殿とともに自刃してしまいます。

 実際に戦いに出たことはありませんので、秀吉の子でありながら、どの程度の能力があったのかは分からずじまいです。秀吉が一代で築いた豊臣家の天下は、秀頼の死で完全に終わることとなりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル