top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

西城陽vs京都国際

高校野球ドットコム

センバツ出場辞退の京都国際が敗退!藤川の好投で西城陽が4強入りを果たす

京都国際に勝利した西城陽の選手たち

<春季京都府高校野球大会:西城陽3-2京都国際>◇7日◇準々決勝◇わかさスタジアム京都

 西城陽が府内公式戦で3季連続優勝中の京都国際を下した。

 京都国際は左腕の杉原 望来(2年)が先発。「森下抜きでどこまでやれるか」(小牧憲継監督)とプロ注目のエース・森下 瑠大(3年)はベンチスタートとなり、試合中は三塁コーチャーを務めていた。

 次期エース候補として期待されている杉原だが、この日は制球に苦しむ。2回裏に相手の失策で先制点をもらったが、3回表に2死満塁から押し出し死球で同点にされてしまう。さらに4回表にも3つの四死球で2死満塁のピンチを招くと、5番・上田庸補(3年)に遊撃への適時内野安打を浴び、勝ち越しを許す。杉原は4回を投げて115球8四死球と制球力に課題を残す結果となった。

 5回表から京都国際は右のエース・平野 順大(3年)が登板。1死三塁のピンチを凌ぐと、その裏には1死満塁から自らの左犠飛で同点に追いつく。

広告の後にも続きます

 これで京都国際の流れになると思われたが、平野も制球が安定しなかった。四球と牽制悪送球で無死三塁のピンチを招くと、3番・藤川泰斗(3年)の遊撃ゴロを1年生ながらスタメンに抜擢された奥井颯大が後逸し、勝ち越しを許してしまう。「1年生を使ってミスをするのは僕の責任」とかばった小牧監督。打撃では2安打の活躍を見せたが、守備ではほろ苦い公式戦デビューとなった。

 なんとか逆転したい京都国際だが、西城陽のエース・藤川の粘り強い投球の前にあと1本が出ず、なかなか得点を奪うことができない。

 京都国際は1点を追う9回裏に2死三塁と一打同点のチャンスを作ると、ここで代打に森下を送る。普段は打撃でも中軸を担う森下に望みを託したが、二塁ゴロに倒れてゲームセット。西城陽が秋に4対13の7回コールド負けを喫した京都国際にリベンジを果たした。

 自責点0で完投勝利を収めた藤川は「素直に嬉しいです。我慢強く投げられたのが良かったです」と喜びを語った。京都国際を倒すことを目標に取り組んできただけにこの1勝の価値は大きい。

 元横浜(現DeNA)の投手である染田賢作監督は「あまり内容としては良くなかったですが、よく練習する子たちなので、最後に勝利の女神が来てくれました」と目を細める。3失策と守備に課題を残したが、藤川の粘投が勝利を呼び込んだ。

 敗れた京都国際の小牧監督は「なかなか流れが来ない中でどれだけ戦えるか。本当の強さがないからこういう戦いになってしまう。序盤から圧倒できる本当の力をつけないといけないと思います」と夏に向けての課題を話した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル