top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ク・ハラ(KARA)元恋人のリベンジポルノ脅迫騒動…処罰を望む国民請願に12万人近くが同意

ワウコリア


韓国ガールズグループ「KARA」出身のク・ハラ(27)が元恋人A氏を強要、脅迫、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反容疑で追加告訴した中、リベンジポルノに関する大統領府の国民請願が登場し、既に12万人近くが同意した。

去る4日、大統領府ホームページの国民請願欄にはA氏のようなリベンジポルノ犯たちを強力処罰してほしいとする文章が掲載された。

掲載者は「リベンジポルノという犯罪が世に出てから数十年が経つ間、加害者らは誰も監獄に行っていない」とし、「被害者らはおぞましい二次加害と攻撃で自殺に追い込まれている」とA氏を土台とするリベンジポルノ脅迫者の処罰を要請した。

5日午前9時現在、同請願は参加人員11万8000人を超えた状況だ。

これを前に去る9月13日深夜、警察はソウル江南区ノヒョン洞所在のビルからク・ハラがA氏を暴行したとする通報を受けた。A氏は「一方的な暴行」と話す一方、ク・ハラは「双方暴行」を主張した。A氏とク・ハラはそれぞれ、9月17日と18日に事情聴取を受けた。

広告の後にも続きます

その後、ある媒体は4日、ク・ハラがA氏から“私生活動画”を口実に脅迫されたと報道。この日ク・ハラの弁護人は「依頼人(ク・ハラ)は先月27日、元恋人A氏を性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反、脅迫及び強要容疑で告訴した」と明らかにした。

これに関連しA氏の弁護人は4日午後、「私生活動画で脅迫する意図はまったくなかった。該当動画はク・ハラが先に撮ろうと提案したものだ。A氏も疑念を抱きなぜそうすべきなのか尋ねたが、ク・ハラが願って応じたことで当時A氏の携帯電話が近くにあったためそれで撮影しただけで、撮影主体はク・ハラだった」と述べた。

続けて「動画を(ク・ハラに)送ったのも“君が望んで撮ったのだから君が持っていて”という意図だった」とし、「映像が公開されればク・ハラだけに被害が及ぶと考える人たちが多いが、A氏も有利な状況ではない。なぜこれを敢えて公開するのか」と反発した。

一方、ソウル江南警察署は今月2日にA氏の自宅および自動車と彼が働いていたヘアショップなどを家宅捜索した。

TOPICS

ランキング

ジャンル