top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

テレワークで猫背が急増? 5分でできる簡単ストレッチで美姿勢に

パラサポWEB

コロナ禍で浸透したテレワーク。メリットが多い一方、通勤時間がなくなったことで運動不足になったり、PC画面を見る時間が増えて猫背になったという人が増えているといいます。猫背は見た目がよくないだけでなく、肩こりなどを引き起こす原因にもなるのだそう。そこで健康的で美しい姿勢を手に入れるためのストレッチをご紹介します。

その肩こり、原因は呼吸の可能性も

今回ストレッチを教えてくれたのは、両国東口クリニック附属のメディカルフィットネス「T’s Energy」の片岡秀人さん。メディカルフィットネスとは、医師、管理栄養士、パーソナルトレーナーがサポートしてくれる施設のこと。片岡さんはそのT’s Energyでパーソナルトレーナーを務めていますが、以前は姿勢改善専門のジムでトレーナーをしていた、姿勢のプロです。

――テレワークで会議などもすべてオンラインになったことで、PCを見る時間が増えたという人が多くなっているようです。そうしたことは体にどんな影響がありますか?

片岡秀人さん(以下、片岡):日々PCに向かって仕事をしている方々の体にはいくつか特徴があります。まず胸の部分は胸郭と言って骨で囲まれているので、硬くなりやすい傾向がありますが、現代人の多くは、その胸のかご(胸郭)が硬くなっているということ。またそれに対して、お腹の周辺は背骨1本で支えているため、不安定になりやすく、腰が反ってしまう「反り腰」と言われる状態になりやすい傾向があります。

――そうした肉体的な特徴は健康に影響があるのでしょうか?

広告の後にも続きます

片岡:胸のかごが広がらないと呼吸が浅くなり、肩こりや腰痛を引き起こしてしまうことがあります。たとえば全速力で走った後など、息が上がった状態では、肩が上がった呼吸になりますよね。胸のかごが硬い方は、日常の呼吸の時にも、本来の呼吸筋以外の筋肉を呼吸に使ってしまうことで、無意識に肩が上がっているケースが多く見られます。私たち人間は1日に2万2000回くらい呼吸をしていると言われていますが、胸のかごが硬い方は、2万2000回も肩を上げて呼吸をしているということです。毎日2万2000回もそんな呼吸をしていれば、肩もこってしまいます。

――胸のかごが硬くなっているのを改善する方法はありますか?

片岡:肩こりはマッサージで症状を軽くすることもできますが、根本的に改善するためには、セルフコンディショニングを習慣化することをおすすめします。硬くなってしまっている胸のかごを緩め、あわせて反り腰を改善することが肩こり緩和に繋がります。

三日坊主を防ぐために、まずは姿勢のセルフチェックを

今回、姿勢改善のために片岡さんに教えていただくセルフコンディショニングは、自宅でもできるストレッチ4種類。たった5分もあれば全部をこなすことができる簡単なものです。ただ、簡単と言っても運動習慣のない人は三日坊主になる可能性もあります。そこで片岡さんがおすすめしてくれたのが、自分の体のセルフチェック。

片岡:ダイエットでは、日々の体重を記録するとうまくいく方が多いですが、運動も同じです。毎日セルフチェックをすることで、変化を目で見て確認したり、ストレッチの効果を感じたりできるので、モチベーションが上がります。その行動のメリットを感じずに、習慣化することはなかなか難しいです。今回ご紹介するエクササイズなども、効果や身体の変化を自分自身で感じることができれば、自然に続けたいと思えるはずです。

■正しいセルフチェックの方法

まず、上記の写真のように壁に背中をつけます。その時、以下のような状態の場合は、胸のかごが硬くなっているか、反り腰の可能性があり、いわゆる猫背の可能性があります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル