top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「歩きスマホ」の人をよけずにぶつかると暴行罪? 理不尽では? 弁護士に聞く

オトナンサー


「歩きスマホ」の人を避けなければ、暴行罪になる?

【画像】神奈川県大和市の「歩きスマホ」の人を減らす対策とは?

 街中で、「歩きスマホ」をしている人とぶつからないようによけた経験のある人は、多いのではないでしょうか。中には「相手に注意する意味で、よけない」「マナー違反で腹が立つから、わざとぶつかる」という声もネット上にはあります。しかし、よけずにわざとぶつかると、暴行罪に問われる可能性があるそうです。マナーの悪い人のために道を譲るのは理不尽にも思えますが、仕方のないことなのでしょうか。グラディアトル法律事務所の若林翔弁護士に聞きました。

殴ったり、蹴ったりしないのに?

Q.「歩きスマホ」をしている人が前から向かってきて、自分の方がよけずにわざとぶつかった場合、暴行罪に問われる可能性があるのは本当ですか。

若林さん「わざと人にぶつかる行為は、暴行罪に問われる可能性があります。法律の上では、人の身体に対し、不法に有形力(物理的な力)を行使したが、傷害結果が生じなかった場合に暴行罪が成立します。

広告の後にも続きます

わざとぶつかる行為は、この『人の身体に対する不法な有形力の行使』に当てはまることとなり、暴行罪に問われる可能性があるのです。ただし、軽くぶつかった程度では、暴行罪に問われる可能性は低いでしょう」

Q.相手を押したわけでもないのに、暴行罪になる可能性があるのですね。

若林さん「人を殴ったり、蹴ったり、押したりしたわけでもないのに『なぜ暴行?』と思われるかもしれません。暴行罪で規定されている『暴行』は、どのような行為であっても、『人の身体に対する不法な有形力の行使』といえる限り『暴行』にあたるのです。この点は、一般的なイメージと法律の考え方とで、少しずれがあるように感じるかもしれませんね」

Q.「歩きスマホ」の相手とぶつかった人が暴行罪に問われた事例はありますか。

若林さん「暴行罪に問われた事例とは少し違いますが、同様の事例として、2017年11月13日の神戸地方裁判所の判決があります。

事案は、日頃から歩きスマホに不満を持っていたAさんが、駅のホームで歩きスマホをしていたBさんに対し、すれ違いざまに右肩をぶつけ、それによりBさんが転倒、全治約1カ月を要する傷害を負わせたという内容です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル