top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「未来への10カウント」“海斗”高橋海人のボクシングシーンに反響 「カッコ悪くても努力を惜しまない姿が最高にカッコ良かった」

エンタメOVO

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第4話が、5日に放送された。

【写真】「未来への10カウント」第4話8(C)テレビ朝日

 本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学園スポーツドラマ。(※以下、ネタバレあり)

 東大合格者数やクラブ活動で、京明高校に勝つことに躍起になる松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は、ボクシング部がインターハイ予選で京明に負けたら、非常勤講師でコーチの桐沢を解雇すると勝手に決める。

 ボクシング部顧問の折原葵(満島ひかり)は、「そんな約束はしていない」と食い下がるが、麻琴は聞く耳を持たない。

広告の後にも続きます

 一方、桐沢と部員たちは「打倒・京明」を合言葉に練習に打ち込んでいた。ところが、スパーリングをしていた部長の伊庭海斗(高橋海人)と1学年下の玉乃井竜也(坂東龍汰)が、激しくぶつかり合う。

 異変を察知した桐沢が話を聞いてみると、2人がマネジャーの西山愛(吉柳咲良)をめぐり、恋のライバル関係だったことが判明する。

 これまで誰にも打ち明けることなく、愛への恋心を募らせていた伊庭は、自分にとって高校最後の試合となるインターハイ予選で勝ち、愛に告白すると心に決め、練習に励んでいた。そして、ついにインターハイ予選の日がやってくる。

 放送終了後、SNS上には、「ボクシングって面白い!」「校長先生と教頭先生のコンビがかわいい」「桐沢コーチと伊庭くんの関係がすてき」などの感想が寄せられた。

 また、海斗が試合に向けてひたむきに練習をするシーンや、試合で懸命に戦うシーンが放送されると、「迫力があって、見入ってしまった」「カッコ悪くても努力を惜しまない姿が最高にカッコ良かった」「息をするのも忘れた」「恋も試合も奇跡の大勝利という展開じゃないのがリアルだった」といったコメントが集まり、大きな反響を呼んだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル