top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「水ぼうそう」子どもの発症が多い2つの理由とは? 発疹の痕が残ることも? 小児科医が解説

オトナンサー


子どもに多い「水ぼうそう」、どんな病気?

【画像】水ぼうそうの発症が「子ども」に多い2つの理由

 毎年、冬から春先にかけて感染者が増加する「水ぼうそう(正式名称は『水痘』)」。子どもがかかりやすい感染症として広く知られています。流行する季節になると心配する親も多いようで、「うちの娘は保育園で流行したときにかかりました」「発熱とかゆみでかわいそうだった」といった体験談をはじめ、「重症化することもあるって聞いたけど…」「発疹の痕が残ることもあるって本当?」など、症状に関する疑問の声も上がっています。

 子どもが感染しやすい「水ぼうそう」の症状や、痕を残さない治し方について、たけつな小児科クリニック(奈良県生駒市)の竹綱庸仁(たけつな・のぶひと)院長に聞きました。

強い感染力と、発疹の「かゆみ」が特徴

Q.そもそも、「水ぼうそう(水痘)」とはどんな病気ですか。

広告の後にも続きます

竹綱さん「水ぼうそうは、『水痘・帯状疱疹(ほうしん)ウイルス』が体内に侵入し、増殖することで発症します。潜伏期間はおおむね2週間です。流行のピークは冬ですが、通年性でみられる感染症で、私自身は実際に小学校3年生の夏にかかって、プールに入れなかった苦い記憶があります。

感染経路は空気感染です。比較的感染力が強く、家族やクラスで感染者が出た場合には、約2週間の間隔を置いて、接触した子どもが水ぼうそうになるケースも多くみられます。発症年齢は小学校低学年以下が多いですが、現在、水ぼうそうの予防接種が定期化され、多くの子どもが1歳で予防接種を行うため、以前と比べると、患者数は減少傾向にある印象です」

Q.水ぼうそうの症状について教えてください。

竹綱さん「ほとんどの症例で発疹(水泡)が出現し、その多くがかゆみを伴います。発熱は全ての患者さんに出現するわけではありません。小児期に発症する水ぼうそうの多くは軽症で、抗ウイルス薬の内服などで回復することがほとんどですが、かゆみが強く、発疹部に細菌が付着して、『とびひ』と一般的に呼ばれている『伝染性膿痂疹(のうかしん)』という皮膚病を合併したり、ごくまれに脳梗塞といった重度の合併症を引き起こしたりすることがあります」

Q.水ぼうそうは「子どもの病気」というイメージがありますが、子どもの発症が多いのはなぜですか。

竹綱さん「明確な理由を挙げるのは難しいですが、(1)ウイルスの感染力と免疫機能の差(2)感染経路と生活環境―の2点が、成人と子どもの罹患(りかん)率の差の原因と考えられます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル