top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

浦和学院vs山村学園

高校野球ドットコム

浦和学院が山村学園を4対0で下し春連覇!

芳野大輝(浦和学院)

<春季高校野球埼玉大会:浦和学院4-0山村学園>◇4日◇決勝◇埼玉県営大宮公園野球場

 この日の気温は25度、一気に気温が上がった県営大宮球場、決勝はAシード・浦和学院がノーシード山村学園の挑戦を受ける形となる。

 まずスタメンだが、浦和学院の昨日との変更点は、宮城がこの日メンバーから外れボールボーイ。「打順の流れを変えたくない。将来的にもクリーンアップを打って欲しい選手」(森監督)と、4番には1年生の三井 雄心が入る。それ以外はフルメンバー、センバツ時と全く同じスタメンとなった。一方の山村学園は、5番に千葉智也(3年)を入れる。その他は不動のスタメンで決勝戦へ臨む。

 先発は浦和学院が左腕・芳野 大輝(3年)、一方の山村学園も左腕の佐藤 実倫(3年)が先発し試合が始まる。

 試合は両先発の好投もありロースコアで淡々と進む。先制したのは浦和学院であった。

広告の後にも続きます

 4回裏、この回先頭の伊丹 一博(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く金田 優太(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、5番・高山 維月(3年)がセンター前タイムリーを放ち浦和学院が1点を先制する。

 その後も浦和学院・芳野が勢いに乗っている山村学園打線を寄せ付けずノーヒットピッチングを披露すれば、山村学園・佐藤実も直球、変化球を投げ分け浦和学院打線に的を絞らせない。

 浦和学院・芳野は足を攣るような兆候があり、ノーヒットながら6回でマウンドを金田へ譲る。金田もベスト8の西武台戦から修正し、今大会のテーマである外角中心の投球で相手打線を寄せ付けない。

 すると、1対0のまま迎えた8回裏、浦和学院はこの回先頭の大内 碧真(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く小林 聖周(2年)の送りバントを佐藤が一塁へ悪送球を放り無死一、二塁とする。さらに2番・伊丹の犠打が内野安打となり無死満塁と絶好の勝ち越し機を迎える。ここで続く金田が一塁線を破る2点タイムリー二塁打を放ち、佐藤実をマウンドから引き摺り下ろす。代わった2番手・西川歩(1年)に対しても攻撃の手を緩めず、途中出場の大勝 朱恩(3年)がセカンドへのタイムリー内野安打を放ち4対0とし試合を決めた。

 投げては、先発の芳野、金田のリレーで山村学園打線を2安打無失点に抑え、勝負あり。結局、浦和学院が4対0で山村学園に勝利し春連覇を飾った。

 これにより埼玉県1位の浦和学院は神奈川2位の桐蔭学園と対戦、埼玉県2位の山村学園は千葉県1位の市立船橋との対戦が決定した。



佐藤実倫(山村学園)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル