top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山村学園vs市立川越

高校野球ドットコム

山村学園が昨秋のリベンジ川越対決をコールドで制し関東へ!

山村学園の得点シーン

<春季高校野球埼玉大会:山村学園9-1市立川越>◇3日◇準決勝◇埼玉県営大宮公園野球場

 県営大宮球場の第二試合は山村学園と市立川越という「川越対決」である。この両校は昨秋も対戦し、その時は市立川越が7対3で勝利しているが今回はどうか。

 まずはスタメンだが、山村学園は前回の花咲徳栄戦と全く同じオーダー、一方の市立川越は、筆者が見るのは聖望学園戦以来だが、その時とは4番・鈴木 善(2年)、8番・田島 翔大(2年)と入れ替わっている。

 先発は、山村学園は前に試合に続き右サイドの山田 翼(3年)、一方の市立川越は昨秋同様に左腕の関 盛宏(3年)と両エースが先発し試合が始まる。

 先制したのは、山村学園であった。

広告の後にも続きます

 2回裏、この回先頭の酒井 大輝(3年)がセンター前ヒットを放つと外野の守備位置を見て一気に二塁を奪う好走塁を見せる。続く高野 壮瑠(2年)がきっちりと送り一死三塁とすると、二死後7番・塙がレフト前タイムリーを放ち、幸先良く1点を先制する。

 だが、市立川越も3回表、この回先頭の西村がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く畠山はバントの構えをする。だが、
「一回バントを失敗した時にサードとセンターとライトが前に来ているのが見えたので」(畠山)
と、バスターでセンター越えタイムリー二塁打を放ちすぐに同点に追いつく。だがその後の無死二塁のチャンスで犠打を失敗すると後続も凡退し同点でこの回の攻撃を終える。



市立川越の得点シーン

 すると4回裏、山村学園はこの回先頭の酒井がショートゴロエラーで出塁すると、続く高野がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、7番・塙 光悟(3年)がライト線へタイムリー二塁打を放ち2対1とする。

 山村学園は5回裏、一死後1番・井上 翔汰(3年)がセーフティバントを決めると、続く河村 優雅(3年)も四球を選び一死一、二塁とし、主砲・坪井 蒼汰(3年)を迎える。坪井は期待に応え左中間へ2点タイムリー二塁打を放ち3点差をつける。

 ここでたまらず、市立川越は継投に入り2番手・藤井 七生(3年)をマウンドへ送るが、導火線に火がついた山村学園打線は止まらない。

 4番・酒井がサード強襲のタイムリーを放つと、続く高野がきっちりと送り二死二塁とする。ここで6番・山田 浩太(3年)がライト線へタイムリー二塁打を放つと、続く塙もレフト前タイムリーを放つ。さらに8番・山田 翼もレフト線へのタイムリー二塁打を放つなど、山村学園は結局この回一挙6得点を奪うビックイニングとし7点差をつけ試合の大勢は決した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル