top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GPSの通りに運転したらこうなった。歩行者用階段を車で降りようとしたドライバー

カラパイア


 アメリカで、ドライバーが歩行者用階段を車で強引に降りようとして、引っ掛かった状態のまま止まってしまった。その女性ドライバーは警察に対し、GPSに従って運転したらこうなったという。

 確かにGPSを使用して道案内をしてくれるカーナビは、すごく細い道路や道なき道を案内することもなきにしもあらずだが、さすがに階段に行くように示されていても、それに従うドライバーはいないだろう。

 警察の話によるとこの女性は飲酒運転だったという。



GPSが階段を降りろと指示するのでこうなったと主張

 アメリカ、メイン州ポートランドに住む26歳の女性ドライバーは、警察署の駐車場を通り抜け、歩行者広場を横切って、階段を下りようとしたところ車がひっかかってしまい動けなくなっていた。

 駆けつけた警察に対し、ドライバーは「GPSの指示に従ったらこうなった」と主張したが、飲酒検査を行ったところ、血中アルコール濃度は運転可能な上限数値を遥かに超えていたという。

 ポートランドメイン警察はFacebookで車が引っ掛かった状態の写真をシェアし、「彼女が誰も人をひかず、物損だけで終わったのは幸運だった。どうか飲んだら運転しないようにしてください」と書いている。

 GPSを使ったカーナビとか、スマホのナビゲーションアプリってたまに変な道を表示することは確かにあるけども、実際にこの女性のGPSは階段の方向を表示していたのだろうか?車じゃなくて歩行者に設定していたとしたらそれもありか。

 まあとにかく飲んで運転するのは危険だということは確定なので、いろいろアウトだな。

written by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル