top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「憧れ=後藤真希、本当に凄い=保田圭」元AKB峯岸みなみが断言した知られざる内情

アサ芸プラス

 子供の頃に憧れていた人は誰かと問われ、「モーニング娘。」の「ゴマキ(後藤真希)世代」と返答。一方では「自分がアイドルになってみて、保田圭さんとかの凄さを。本当に心からなんですけど…」。

 こう口にしたのは、元AKB48のメンバー・峯岸みなみ。NONSTYLE井上裕介のYouTubeチャンネル〈NONSTYLE井上365ノンスタイル井上〉の2022年4月29日付け投稿回に出演してのことである。

 保田は矢口真里、市井紗耶香とともに「モーニング娘。」の2期メンバーとして1998年に加入。市井、後藤と「モーニング娘。」内のユニット「プッチモニ」を結成するなど活躍し、2003年5月5日のコンサートで卒業している。

 峯岸の答えに井上は「わかる、わかる」として「番組で保田圭ちゃんとかが、お笑い担当でイジられてる。知らなかった頃は、ゴマキとかなっち(安倍なつみ)の方が凄いって思ってたけど…」と話を振れば、峯岸は次のように語ったのだった。

「いざ自分がアイドルグループに奇跡的に入った時に、あの時の保田さんの立ち回りの凄さ、アイドルはセンターだけじゃないぞっていうのは、めっちゃ思いました。保田さんが『ゴマキばっかり~!』っていう~、またゴマキが輝くみたいなところじゃないですか」

広告の後にも続きます

 同じポジションとして、保田を憧れの的だとした峯岸。前田敦子、大島優子、渡辺麻友など、AKB48の歴代センターの人気を引き立てる「影の立役者」的存在だったと言えるかもしれない。

(所ひで/ユーチューブライター)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル